シニアにおすすめのマッチングアプリランキング

オーネットスーペリアの評判は?50代・60代にも使えるの?

今更ですが、オーネットスーペリアを試してみる価値はあるのでしょうか?

入会金も10万円近くかかりますし、街コンや合コン、異業種交流、お見合いパーティーなど、他の出会いの場も多く存在します。オンラインで上手に活動している方は、オーネットスーペリアの特長を利用する必要があるのでしょうか?

そう感じる方も多いかもしれません。

しかし、アラフィフ世代の婚活考え方は大きく変化してきています。

毎回の連続するパーティーは面倒くさいと感じる方も多く、カップルになるまで時間がかかるのは事実です。若い女性であれば条件が良い男性の多くがそちらに興味を持つことは容易に想像できます。

ただ、男性も35歳くらいからは、条件がかなり厳しくなることが多いです。会話のスキルが高くないと、デートに誘うのが難しくなります。

そして、結婚に対する意志の問題ですが、1000円~5000円でパーティーに参加するのと、10万円を支払ってオーネットスーペリアに参加するのとでは、モチベーションが大きく異なると感じられます。

目次
人気No1人気No2人気No3



【華の会】
50代以上が半数シニア向け友達アプリ
趣味友作りに最適。まずは無料で十分、価値観色々。予想外の恋愛トーク楽しみましょう!
【シンシアリユアーズ】
懐かしのペンパル(文通)メル友・お茶友探しの場です。婚活よりパートナー探しに向いています。話好きに最適
【マリッシュ】
中高年の定額制マッチングアプリがコレ。動画と登録者のサークル機能あり、この値段での中ではベストです。まじめ系
(4.5 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
公式公式公式


オーネットスーペリアの特徴と料金体系

オーネットスーペリアは、楽天グループが展開しているオーネットが提供する、新しいパートナー探しのサービスです。大手企業が提供していることから信頼性が高く、その点が高く評価されています。また、30年以上の実績があるため、安心して活用できるのも魅力です。

さらに、4万円以内という手頃な料金体系も利用者にとってはありがたいです。

や50代で、一人暮らしの寂しさを感じてパートナーが欲しくなるケースが多いようです。

意外にも、仕事一筋の方は50代まで婚活を後回しにすることがあるんですね・・。

【オーネット スーペリア】

オーネットスーペリアの料金は払う価値がある?

項目内容金額(税込)
入会金初回のみの費用33,000円
月会費毎月の基本料金12,100円/月
お相手候補の紹介毎月2名までの写真付きプロフィールがマイページに届く含まれる (月会費内)
ご成婚料成婚した場合の料金0円
パーティー会員限定の体験型イベントでお相手を探す約3,300円から
お引き合わせアドバイザーがお見合いを設定5,500円/回
フォトジェニックプロカメラマンによる写真撮影11,000円
会員資格独身であること(独身証明書提出)
男性は45歳以上で定職・定収入があること
女性は45歳以上であること。
必要書類公的な独身証明書(原本)1通
公的な証明書の写し
(健康保険証、運転免許証など)1通
最終学歴を証明する書類1通、男性のみ
収入・職業を証明する書類の写し
(源泉徴収票、確定申告書など)
L版サイズプリント写真(9cm×12cm)
会員期間登録日より1年間で、自動更新。
入会金や更新料は不要。

ということで入会金と月会費を合わせると初月は約5万円、その後毎月1ちょっとが課金されて、後はオーネット独自の婚活パーティー参加費がプラス3000円です。

他の結婚相談所と違うのは成婚料がかからないところです。普通50代・60代のシニア相談所でも値段は平均すると10万以上します。

ただ、欠点はオーネットは基本的にネット婚活であり、そのまま登録しているとあまりオファーが来ないということです。

オーネットスーペリアのパーティーイベント内容

パーティー名場所参加人数
ゴルフで交流イベントゴルフ練習場12人程度
夜の水族館デート水族館12人程度
オンライントークパーティオンライン(ご自宅)10人程度
アクアリウムデートアクアリウム美術館24人程度
初夏のカフェパーティレストラン30人程度
1対1のトークパーティ名古屋支社16人程度

よくあるお見合いパーティーや街コンのようなイベントが開催されます。

オーネットスーペリアの趣味婚活のメインは「ゴルフ交流イベント」や「水族館デート」など、共通の趣味を通じて新たな出会いを見つけること。たとえ自分がゴルフが苦手な人でも、練習を通じて楽しみながら交流することが可能です。

実際に、一部の参加者はゴルフが初めてで、スイングがぎこちなかったりするのですが、その場の雰囲気はとても和やかで、誰もが楽しみながら交流できるのが特徴です。

また、過去には大規模な水族館でデートイベントを開催。参加者は一緒に水族館を巡り、新たな出会いを楽しみました。その様子はまるで家族が一緒に過ごすような温かい光景で、参加者間の緩やかな絆が形成されていました。

さらに、オーネットスーペリアではオンライントークパーティーやアクアリウムデートなど、様々な形式の婚活イベントを提供しています。参加者の中には多趣味な人が多く、他にも山登りや写真撮影、料理など、さまざまな趣味を持つ人々が集まっています。

イベントの中から自然と友情が生まれ、一緒に趣味を楽しむ仲間が増えることも。その結果、より広い人脈が形成され、新たな出会いへの道が広がります。一見、婚期が遅れるかもしれないと感じるかもしれませんが、趣味を通じて自然と結びつくこのスタイルの婚活は評価が高いです。

オーネットスーペリアのデメリット

会員数が多いオーネットスーペリアですが、その分、あまり良くないウワサも存在しているのは事実です。

例えば、オーネットスーペリアは首都圏に焦点を当てている傾向があるため、地方出身や地方在住の方にとっては、条件が厳しくないにもかかわらず、紹介される相手が少ないという問題があります。

これはマイナスの評価となるかもしれません。全国規模の婚活サービスであるとされている以上、北海道から沖縄まで幅広くサービスを提供するべきだと考えられます。

また、オーネットスーペリアを利用したからといって、確実に結婚できるわけではありません。誤解されがちですが、登録したからといって必ずしも相手が見つかる確率は100%ではないのです。

インターネットを活用した婚活は、お見合い以上に難易度が高いという声も多く、気軽に利用できるという点は利点であるものの、実際に交際に発展するまでの過程は個人の努力も大いに関係してくるようです。

さらに、担当者によってサービスの質が異なるという意見も耳にします。

スタッフ間の連携が不十分で、すでに登録しているにも関わらず、登録を勧める案内の電話がかかってくることもあると言われています。スタッフの教育やサポート体制について、改善が望まれる部分があるようです。

オーネットスーペリアの口コミが2CHで荒れている理由

最終的にはお互いの不満が表面化することもあるかもしれませんが、2chのような掲示板にも一定の真実が含まれていると考えます。これはリアルな声と言えるでしょう。それでは、彼ら・彼女らの意見をまとめてご紹介します。

1.『プロフィールの職業や収入が実際に会う時と異なることが多い』
→プロフィールの更新が頻繁ではない。活動期間が2年程度の人は、年収などが大きく変化することも。

2.『地方在住者には不利』
→首都圏なら良いが、地方にはメンバーが少なく、お見合いの場も限られている。地方の場合は自治体の支援を活用するのが良いかも。

3.『最終的に決断できない』
→カウンセリングの不手際もあるかもしれないが、次から次へと候補者を紹介されると、決断が難しくなる。スタッフにとっては長くサービスを利用してもらう方が良いため、「次はどう?」と提案されることも。

4.『カウンセラーが頻繁に変わる』
→結婚相談所の職員の退職率は高い。人生を左右する重要な仕事であり、ストレスが多い。クレームが入ると、スタッフも大変なのかも。

5.『結婚相談所は数が多い方が良い』
→確率の観点からも、これは当然と言える。オーネットは会員数と新規登録者数がトップクラス。

6.『入会金は高いが、お見合いパーティーは手頃』
→確かに、メンバー限定のパーティーは参加費が3000円とリーズナブル。しかし、これが故に決断できない人が増える一方、意欲的な人が集まるので評価はプラス。

7.『オンラインとオフラインの組み合わせは面倒な面も』
→会員情報は信頼性があるが、顔写真などはオフィスに足を運ばなければ見られないのが不便。オンラインサービスでは完結する。ただし、プライバシー保護の観点からは仕方ないかも。

8.『40代は厳しいが、50代ではチャンスがある』
→まさに、オーネットは20代~30代前半、50代以降はOKだが、40代は少し厳しいかも。ビジネスとしては、婚活が活発な世代にフォーカスしているので、40代は他のサービスと併用するのも一つの選択肢。

オーネットスーペリアのメリット

法人会よりお見合いパーティーのイメージ

オーネットスーペリアについて率直な話をすると、ネット上でのマッチングはあまり評判が良くないようです。しかし、婚活パーティーに関しては高評価が多いとの声が聞かれます。

オーネットスーペリアではプロの写真家が写真を撮影し、合成や修正を行うため、お見合いの際には実物と異なることがあると言われています。

それに対して、お見合いパーティーはリアルな場で一目瞭然。相手との相性や将来的に付き合っていく中での関係性がどうなるか、すぐに判断できます。

実は女性も、この点を非常に気にしているようです。まずはオーネットスーペリアに入会し、プロフィール作成や日記などは後回しにして、積極的にイベントに参加することをお勧めします。

入会金はかかりますが、お見合いパーティー自体は比較的リーズナブルな価格設定です。

毎週末に参加するくらいの積極性で、2か月程度で元が取れる可能性があります!それが難しい場合は、5000円程度のお見合いパーティーに何度も参加するか、合コンのセッティングやネット系サービスと組み合わせて活用すると、成功に近づくかもしれません。

オーネットスーペリアで出会う40代・50代は2パターン

入会してからの後悔は避けたい!ここでは、会員の意見をまとめつつ、そもそもオーネットスーペリアにはどんな人が入会してくるのか、客観的に考察してみましょう。

意外かもしれませんが、本人の意向ではなく、親や家族が勝手に申し込んでしまうケースも存在します。

本人が積極的でない場合、当然、最初はやる気がなく、自分のお金を使っていないため、メールのやり取りなどにも消極的です。しかし、30代以上の女性や40代の男性は非常に積極的に活動しています。この層をターゲットにするのが成功への鍵と言えるでしょう。

本人が意欲的に申し込むケースは成婚率が高い


結婚相談所への申し込みは、決断としてかなりのハードルが高いものです。多くの人は婚活を始める際、合コン→お見合いパーティー→結婚相談所の順で進めがちです。何らかのつまづきを経験した後に申し込むことが多く、また、恋人と別れた直後であるケースも少なくありません。

ここで重要なのは「意志の強さ」です。人々は「恋人」ではなく、「結婚相手」を探しています。共に子育てができる相手や、親の面倒を見ることができる相手など、具体的な目的を持っています。相手の目的を把握し、それに合ったメールを送ることが、オーネットスーペリアでの成功のカギとなります。

親が代わりに申し込んだパターンはやる気がない

「親の婚活」という言葉が最近流行っていますが、これは親が代わりに結婚相手を探すものです。今では少し古風に感じられるかもしれませんが、日本の縁談の歴史を考えると、親が関与することは珍しくなく、また、中東などでは今でも親の承認を前提として婚活が行われています。

日本では「親が見かねて」という理由で、本人が知らない間に進められることが多く、トラブルが生じることもあります。しかし、親と友達のような関係が増えている現代では、この動きも増えるかもしれません。家族が申し込む場合、キーワードは「家庭」「家族」であり、親と本人の関係性を理解することが重要です。

オーネットスーペリアでお断りやごめんなさいが多い理由

オーネットスーペリアのハイスペック男性に申し込むと女性が断られるということが多いそうですが、それはかなりあり得ます。

まず、この相談所の特徴として男女同額で40代以上ということ。となるとお金がある男性は絶対に良い条件を優先します。

項目男性女性
平均年齢と年代構成55~64歳が過半数50~59歳が過半数
男女比女性の方が多い
婚姻歴約59%が婚姻歴あり約59%が婚姻歴あり
学歴約57%が高等教育機関卒業約60%が高等教育機関卒業
年収約64%が年収500万円以上約76%が年収300万円以上
職業会社員が過半数会社員が過半数
オーネットスーペリア会員数

オーネットスーペリアには男女比に偏りがあります。

45歳から55歳までの男性は約23%。女性は34%での女性あまり

さらに50代の男女もまで含めると、男性1人に対する倍率は2倍弱です。

男性は通常、まずは写真で相手を選びます。その次にプロフィールを参考にします。そして、現在では学歴も重要視される傾向にります。

婚活は男女ともに、非常に厳しいフィールドになりつつあります。

結婚相談所に登録するということは、将来の結婚式で「そんな相手と結婚するために相談所に登録したのか?」と思われることを避けたいという意思があると言えます。

5万円もの入会金を支払っているのですから、収入に自信のある男性は当然ながら最初は見た目を重視することでしょう。

ここで大事なのが写真の良さです。就職活動をする学生でさえプロフェッショナルな写真を使う時代に、スマートフォンのカメラで撮影した写真を使う人もいますが、それはあまり推奨されません。

写真は絶対に明るくて愛らしいものがベスト。自分の性格などは一旦置いておいて、初めて見る人が少しでも夢を描けるような写真が理想的です。

ちなみに、大手の相談所は初めの数か月はサービスが良い傾向にあります。通常、結婚相談所に登録してから3か月経つと、成果が出ない場合は退会者が増えるため、初めのうちは優先的に申し込みを勧めてくれるのです。

そのため、意外にも効率的な戦略は、大手相談所への新規登録を繰り返すという”裏技”が存在すると言われています。

早めに勝負を決めるのであれば、50代以上におすすめの結婚相談所と言えそうです。

コメント

コメントする

目次