シニアにおすすめのマッチングアプリランキング

シニアが婚活で成功する方法!男女の本音と出会いの場教えます!!

50代、60代のシニア婚活は30代や40代の婚活方法とは異なる手法が求められること、ご理解いただけるでしょうか?

シニア世代の婚活市場は、新たな方向性を見つめているという認識を持っていただけるでしょうか? 

婚活は自身を売り込む場であり、どこにどのくらい投資するかによって成果が変わるものです。

40代までならば、結婚相談所やお見合いパーティーへの投資に対するリターンは期待できますが、50代、60代のシニア世代の場合は、婚活市場自体が必ずしも自分たちのニーズに向いていないかもしれません。

つまり、結婚相談所でもシニア世代をメインターゲットとすると「あまり利益が上がらない」という事態になることがあります。

目次
人気No1人気No2人気No3



【華の会】
50代以上が半数シニア向け友達アプリ
趣味友作りに最適。まずは無料で十分、価値観色々。予想外の恋愛トーク楽しみましょう!
【シンシアリユアーズ】
懐かしのペンパル(文通)メル友・お茶友探しの場です。婚活よりパートナー探しに向いています。話好きに最適
【マリッシュ】
中高年の定額制マッチングアプリがコレ。動画と登録者のサークル機能あり、この値段での中ではベストです。まじめ系
(4.5 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
公式公式公式


シニアが婚活のおすすめの方法は?

シニアの男女は「待つ力」「考える力」がより強化され、若い頃に感じられた「単純な物欲や性欲に突き動かされる力」が落ち着いてくるからです。

もし自身でもこの傾向を感じるなら、まだ50代、60代になっていなくても、シニア向けの婚活の方向性に視点を移す時期かもしれません。

では、シニア世代におすすめの婚活方法とは何でしょうか?

大量のお金を投資してコンシェルジュを雇うことでしょうか?インターネットに登録してじっと耐え忍ぶことでしょうか?それとも毎週お見合いパーティーに参加することでしょうか?

シニアの婚活方法は未婚か離婚化でかなり違う

シニアの婚活を進める方々は大きく2つのグループに分けることができます。その中でも最も多いのが「離婚経験者」であり、その他に死別や未婚というケースも存在しますが、日本はすでに離婚率が高い国となっており、

カップルの約1/3が離婚を経験しています。その原因は、女性の社会進出、インターネットの普及、社会情勢の変化など、様々な要素が重なっています。

そして、ここで問題となるのが、結婚相談所やお見合いパーティーといった市場のニーズとシニアの婚活とのマッチング問題です。

多くの男女が結婚相手に求める要素は①経済力や②容姿といった具体的なものですが、その背後には「初婚であること」が暗黙の了解として存在しています。

だからこそ、大手のマッチングアプリに登録してみても、「結婚歴」があると、ほとんどの場合、データベースから除外され、自分のプロフィールが相手に表示されることは少ないのです。

これはインターネットを利用したシニア婚活の厳しい現実であり、設定で何万人もの候補者から絞り込む現在の状況では、アプリ内にいない人は存在しないことになっています。

シニアが簡単に婚活で出会いが見つかる場所は?

では、実際に50代、60代のシニアで効率的に結婚相手を探す方法は存在するのでしょうか?

一般的な方法とは異なる秘密の手段があるのでしょうか?

答えは残念ながら、ほぼ「NO」です。

そんな独特の手法があれば、すでに広く知られているでしょう。

しかし、この「NO」を一部覆す可能性はあると考えています。

そのヒントは既に離婚率が高く、再婚も多いアメリカやヨーロッパに見出すことができます。離婚率が70%にも達するとされる国々には、法的な問題も関与しますが、「離婚は付き合った人と別れる感覚」と捉える人々が多いことが指摘できます。

結論から申し上げますと、この「感覚の違い」、「経験の違い」が40代までと50代、60代のシニアとの間に大きな違いを生んでいます。

だからこそ、シニアの正しい婚活方法とは「同じような経験を持つ人々」が集う場を探すことに他ならないのです。答えは常にシンプルでありますが、共感性が生まれない市場では成功の可能性はほとんどありません。

シニア婚活成功のカギは共感

以上の結論に基づいて、50代、60代のシニアの婚活の場を、無数に存在するサイトの中から独自の視点で選び出てみました。

探すべきは「同じような経験を持つ人々」が多く、「共感性」を持って相手を受け入れられる、そして海外的な視点を持つ独立心の強い人々が集まる場所です。まずは、リスクが低く、成功時に高いリターンが期待できる欧米系のサイトが日本にも一つだけあります。

シニアにおすすめの婚活アプリは?

match

項目内容
料金男女ともに月額4,490円(税込)〜
対象者独身のみ(既婚者禁止)
年齢層20代~40代
目的・真剣度真剣婚活
運営会社マッチ・ドットコム ジャパン株式会社
インターネット異性紹介事業届出及び受理済み
1ヶ月プラン4,490円
3ヶ月プラン3,990円(一括11,970円)
6ヶ月プラン2,790円(一括16,740円)
12ヶ月プラン1,690円(一括20,280円)

日本の国内サイトがシニア向けにはあまり作られていないのに対し、離婚大国No.1と言われるアメリカが開発したこのサイトでは、出会いに科学的なアプローチを採用しています。

開発者が大学教授ということでかなり理論的ですね。「出会いにはタイミング、経済状況、外見、ライフスタイルなどに加え、生物学的な相性も重要」と語ります。

そして、”恋愛科学”に基づくパートナー紹介の新サービスの優位性を強調します。冒険型、交渉型、建築型など、自身との相性を科学的に分析してくれるのです。

シンシアリユアーズ

項目内容
運営会社株式会社オープンサイト
会員数160万人(2023年4月時点)
サービス開始ラブサーチ:2001年〜
シンシアリーユアーズ:2023年4月3日〜
料金男性:3,980円/月〜
女性:無料

こちらはさらに気軽に使えるペンパルの出会いです。手紙を交わすように心を交わして徐々に仲良くなっていくシステムがアラフィフ世代にウケていて、焦らない婚活・結婚しないパートナー探しの場所として人気を集めています。

結婚にはさほど焦っていないけど、気の合う友達をみつけたいというシニア世代に最適な婚活の場です。年代が幅広くオフ会なども開催しているのが特徴的。

メールのやりとりが好きなタイプは使ってください。年甲斐もなくワクワクするはずです。

シニアの婚活パーティは成功率が高いのか?

お見合いパーティーに興味を持ち、50代・60向けの婚活イベントを探してみたことがある人なら、東京という3000万人の労働人口が集まる大都市でさえ、50代向けのパーティーへの参加率が意外と低いことに驚くでしょう。

地方ではさらにその傾向が強く、50代以上のシニア男女が婚活会場に集まっているシーンを想像することすら難しいのではないでしょうか?

婚活パーティーはほとんどが20代から30代向けで、シニア向けは週末に少し開催される程度です。人数が多い20代から30代までをターゲットにして、男性から参加費をいただく形で成り立っています。

そのため、大手の婚活パーティーに50代・60代の人々が参加しても、良い結果を期待するのは難しいと考えます

むしろ、SNSなどで質の高いシニア会員を確保し、そこに集まる人々を参加させる婚活イベントの方が質が高いと言えます。

そして、ここで重要なのは、シニア結婚相手として考慮される会員数です。この層がいないパーティーに参加してもほとんど後悔しかありません。

シニアの婚活で失敗が怖い人は専門サイトを使うべき

シニアの婚活は予想以上に大変です。

  • 出会いがない
  • 進展が見られない
  • 初めてのお見合いで緊張が抑えられない

そもそも初対面の人と一対一で会うこと自体が恐ろしい…。

これらは、婚活を始めた人々から聞かれる一部の不安の声です。

また、「子供がいるのが問題になるのではないか」や「収入が不安定なので結婚は可能なのだろうか」などといった懸念も報告されています。これらの不安を解消し、婚活をスムーズに進めるためには、まず専門家に相談することをお勧めします。

結婚アドバイザーやカウンセラー、スタッフなどに自分の気持ちを打ち明け、具体的なアドバイスを受けることができます。

例えば、子連れでの結婚希望者に対しては、それを問題としない相手を選んで紹介することも可能です。わざわざ自分の状況を相手に説明するだけでストレスがたまるということは多々あります。

このように、ネガティブな要素を解消する手助けをしてくれるのが結婚情報システムのカウンセラーの役割です。その多くは、登録前に無料のカウンセリングを提供していますので、どんどん利用してみてください。

もし、悩みが多すぎてなかなか行動に移せないと感じている方も、安心してください。

実際、結婚に至った人々の中には、「悩みがあった程度ではなかった」「相手の理解と寛容さに助けられた」と感じる方が多いです。

自分が抱えるネガティブな要素が結婚の障害になることはほとんどありません。だからこそ、まずは心を軽くして、結婚相手探しを始めてみましょう。

⇒ シニアの結婚相談所ランキング

シニア婚活をしている女性の性格と対応について

シニアで婚活している女性には、いくつか特徴的な傾向が見受けられます。

  • 「生涯未婚は嫌だ」と緊急感を抱いているタイプ
  • 男性と話すの楽しい恋愛マニア
  • 結婚はせずにパートナーガ欲しいタイプ

焦って婚活しているタイプ

「結婚適齢期を逃すのが怖い」と感じているタイプの女性と話す際は、家庭環境についての話は避けるべきです。「同居・年収・介護・初婚か否か」など、男性が答えづらい質問をされる可能性があります。

これらの話題は婚活イベントの場で取り扱うべきものではないため、避ける方が良いでしょう。代わりに、カジュアルにドリンクを渡したり、やんわりと空いている席へ移動を促す行動が良い印象を与えます。

恋愛マニアタイプ

本当に付き合いたいわけでもない人と長時間話すのは無駄です。だいたい過去の恋愛経験を長々と聞かされることになったり、職場の愚痴話が続く可能性があります。自分がモテ続けることが好きで、承認欲を満たしたいという人に捕まる大変です。

結婚しないパートナーが欲しいタイプ

男性に対して積極的にアプローチすることが多いです。女性参加者の共通の特徴としては、社交的であり、その場にいる他の人々と楽しむことを望んでいます。

そのため、趣味やお気に入りのレストランなど、共有できる話題を中心に会話すると、話が長く続きやすいです。男女共に、声をかける際も、優しさを最優先することで、スムーズな会話が進むことでしょう。

シニア婚活をしている男性のタイプ

シニア婚活をしている男性もいくつかの傾向がみられます。

  • ずっと独身で女性が苦手だが結婚願望アリ
  • 彼女はいたが結婚が嫌で一人のまま50代
  • 交流の輪だけ広げたい

女性にとって難しいのが結婚願望がない、一人で複数の女性と付き合いたい男性ほど外見や話術、女性の扱いに関して優れているということです。

50代でも30代の彼女はずっといて、結婚願望がないという人も婚活市場では「結婚したい」という感じで近づいてきます。特に無料のマッチングアプリに多いタイプです。

反対に結婚願望はあるのだけどずっと独身という男性はちょっと癖があったり、外見的に夜にご一緒するのが生理的に無理・・・というケースがあり悩みどころですね。

これをクリアするためには自分に合った複数の場に出ていくしかありません。

シニアの婚活で年下女性と出会えた場所

それでは次に、シニア世代が若くて魅力的な女性と出会える場所についてご紹介します。シニア世代ならではの特質を活かして、積極的にデートに誘い出しましょう。

① ゴルフ練習場

これは効果抜群です!人気者になれます。ゴルフは若い人が半端に行うより、シニアが洗練されていると格好良く見えますよね!もし近くにゴルフ練習場があれば、ぜひ訪れてみてください。一人でいる女性には積極的に声をかけてみましょう。

② ビジネスネットワーキングイベント

女性はビジネスができる大人に強く憧れます。現状の退屈な職場から脱出して視野を広げたいと思っている女性が集まるビジネスネットワーキングイベントはおすすめです。ここでは、50代、60代の方が存在感を放っているでしょう。

③ 高級ホテルのジャズバー

よく旅行者の女性2人組が訪れますね。時々1人で訪れる女性も多いですし、出会いの場としては定番です。近くに座って「一人でいらっしゃいますか?」とカッコよく声をかけてみれば良いでしょう。

あわせて読みたい
50代男性が20代女性にもてるコツ!特徴と付き合い方を教えます。 年配の男性からすると、若い女性と付き合うというのは夢のような話でもあります。特に50代の男性が20代の女性と付き合うというのは、そう簡単なことではありません。 し...

シニアの女性が婚活でお金持ちのイケメンと出会えた場所

お金持ちのパートナーが欲しいと直接言うと、何となく金銭目当てと思われがちですが、社会的に成功した人=努力の結果として経済的に豊かな男性は、成功するために必要な忍耐力、決断力、そして部下や周囲への思いやりを持つ優しい人物であることが多いです。

年を取ってから本当に分かりますが、ある程度のお金は心の余裕を生みます

女性あhお金持ちほど出会いに時間を費やす余裕がない場合もあり、イケメンでお金もあるのになぜパートナーがいないのか不思議に思うかもしれませんが、現実にいます。

そのような人は仕事人間で結婚は後回しにしたタイプです。そのような方と出会いたければ以下の点に注目してください。

  • 金持ちや成功者と友人関係にある
  • 家族や親戚に成功者がいる、あるいは成功者とのつながりを持っている
  • 若い時に一度は成功体験をしている
  • お金の使い方に品格があり、食事のマナーが良い
  • 一定の教育を受けていたり、良い人脈を持っている

これらのポイントを念頭に置くことをおすすめします。

パートナーとなる人の交友関係は必ず把握しておくべきです。

今は大金持ちでなくても、交友関係が豊かな人は将来的に成功する可能性が高いです。

“類は友を呼ぶ”とも言います。このため、医者や弁護士が参加するパーティーやイベントに参加して、成功者との交流の機会を増やすことも効果的です。

会員制の結婚相談所

本気で働き盛りのシニアのお金持ちのパートナーを見つけたいなら、人々が交流するビジネスパーティーが最も効果的でしょう。ただこれは会社のコネがないと参加することは難しいです。

次に効果的なのは、医者や弁護士・会社役員や経営者などの高学歴者が参加するお見合いパーティー、そして会員制の結婚相談所です。

パートナーの年齢をどこまで許容するかは大切な要素ですが、結婚相談所の場合は、参加者の年齢が比較的高めになる傾向があるので注意が必要です。

まとめ

シニアの婚活と結婚は今後10年~20年の間めずらしい話ではなくなるはずです。なぜなら日本人の半数がしばらくシニア世代だからです。

ただ、それでも今のシステムは若者向きに作られています。自分の居場所を探すのはどの世代でも難しいですが、一生一人でいるのか?異性の友達を作るのか?

家族として生涯寄り添うのか?今から考える時期に来ていると思います。人生残りわずかです。自分で決めればきっと楽しい人生が待っています。

コメント

コメントする

目次