シニアにおすすめのマッチングアプリランキング

50代の独身男性は悲惨なのか?現実に起きる生活の変化

今は独身主義の人も多いけれど、50代を迎えたときどんな人生になるのだろう。
一定の期間独身生活を過ごしている中でそんな風に漠然とした疑問を持ったことはありませんか?


50代で独身の男性は人生全てを自分のために使えるため一見優雅で楽しそうに見えます。
しかし、実は彼らは悲惨な現実にも直面しているのです。


この記事では、50代男性が独身でいることの危険性や中高年がパートナーを見つける方法を紹介します。

目次
人気No1人気No2人気No3



【華の会】
50代以上が半数シニア向け友達アプリ
趣味友作りに最適。まずは無料で十分、価値観色々。予想外の恋愛トーク楽しみましょう!
【シンシアリユアーズ】
懐かしのペンパル(文通)メル友・お茶友探しの場です。婚活よりパートナー探しに向いています。話好きに最適
【マリッシュ】
中高年の定額制マッチングアプリがコレ。動画と登録者のサークル機能あり、この値段での中ではベストです。まじめ系
(4.5 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
公式公式公式


50代独身男性に起こりうる悲惨な現実

50代で結婚していない男性の中には、人生を好きに謳歌している人も数多く存在します。


時間やお金を自分だけのために使えて、しがらみに捕らわれず好きなことができると考えれば「独身でも悪くないかな」と考える男性もいるでしょう。


しかし一方で、独り身で年を重ねていくことに不安や危機感を抱いている男性も少なくありません。


独身でいる利点というのは年齢によって変わっていくもの。特に50代独身という立場ではメリットよりデメリットのほうが際立つ場合もあります。彼らに突きつけられる悲惨な現実を知って、今後の自分自身の人生をもう一度見直していきましょう。

年を重ねるごとにやることが無くなる

人間は年を取るごとに新しいことへ挑戦しようという意気込みやエネルギーが減少していきます。

体力も低下し、若い頃のように仕事や趣味に打ち込めなくなったとき、残るのは一人で過ごす暇な時間だけ。時間が余っていると良くない想像をすることも増え、将来に対する孤独感も増していきます。


特にもともと趣味を持っていない男性は「仕事以外にやることがない」という状況に陥り、退職したらどうしたらいいのだろうという不安に苛まれる傾向にあります。

友人との話が合わなくなる

若い頃は友人たちも独身で、飲み会や遊びなど共通の話題が多くあります。しかし、結婚して子供が生まれて、というライフスタイルの変化を迎えた男性は徐々に価値観が変わっていくものです。


そんな中で自分一人独身気分のままだと、話が合わなくなり疎遠になってしまう恐れがあります。

また、たとえ仲良くできていたとしても既婚者と独身者では自分が好きに使える時間というのも全く異なります。友人たちが家族や子供を優先することで、予定を合わせにくくなり頻繁に会えなくなるということも大いにあり得るでしょう。

周囲からの印象が悪くなる

今はさまざまなマイノリティが尊重される時代ですが、やはり一般的な社会の印象というのは根強く残っています。

50代独身男性に対してはSNS上で「失うものがない」「デリカシーがない」といった評価を受けることも多く、世間からの風当たりはどうしても強くなる傾向があります。


そのため、50代独身男性として他者と関わるには、人一倍立ち振る舞いに注意する必要があり心身的なストレスも感じやすくなるでしょう。

また若い女性には「なぜ独身のままなんだろう??」という目で段々見られるようになってきます。都心部ではそこまで他人の目は気になりませんが、近所を気にする田舎暮らしで50代の独身はきつくなってきます。

生活のリズムが崩れ病気のリスクが増える

独身か有配偶かで異なる男女の「人生」の長さ/東洋経済

50代男性が独身の生活を続けていると「どうせ一人分だから」とうことで外食やコンビニ食が増えてしまい、食生活のリズムが崩れがち。

その結果医療保険の利用率や死亡率が配偶者ありとなしでは異なっています。確かに子供がいたり家の中に奥さんがいたら少なくとも一緒に食べるから何か作ろうかな?と思うはず。

1年間ずっとコンビニ飯ですごすとやはり50代男性の体には答えます。それが今後も続くというのは悲惨なのかもしれません。

病気やけがの時などの緊急時に頼れる人がすぐそばにいない

自分は健康だと持っていてもいざ病気になると治りが遅い・・そんな中でも仕事に行かなければいけないし、掃除も洗濯もして、食事の準備も必要です。

そういう時に独身だとやっぱり家族やパートナーがいた方が良かった・・・と思うことも。健康な時は全くそうは思わないのですが、体の苦痛は不安を増大させますし、そういう時にしみじみと味わいます。

特に田舎だと病院やコンビニも家から離れていて、歩く気力もない時に寂しいですね。

身内の不幸で孤独がさらに募る

それで家族がいて、よく会えるのであれば良いのですが50代になると身内の不幸が起きる年です。元気だった親や自分のより若い弟が大病を患ったり、行事で集まっていた親族で誰かが欠けた時、また相談相手がいなくなり孤独で辛い気持ちが募ってきます。

母親が元気なうちに男性は親孝行してあげたいですね!

お金が無くなると孤独感が最高潮に

50代で仕事が順調というときはそのままでもかなり人生楽しめます。都心部では独身男性が遊べる場所もありますし、夜のお店でもちやほやされます。

ただ、急に会社の経営が傾いたり、配置換えでボーナスがさがったり、投資にしっぱいしたり自分のマンションが値下がりしたり・・何が起きるかわかりません。普段から蓄えはあってもそれが少しずつ減っていくというのは非常にさみしいものです。

外に遊びに行けなくなると孤独感は最高レベルになってしまいます。若くて貧乏と50代でお金がないというのはかなり状況が違います。

50代まで独身でいる人にありがちな理由とは?

50代まで独身でいる男性はなぜ結婚しないという選択を続けてきたのでしょうか。
もちろん独身男性の中には、自ら望んで独り身でいる人もいます。


しかし、「結婚したかったけれど理由があってできなかった」という男性も少なくありません。
50代まで独身でいる男性にありがちな傾向を探って、自身の現状と比較してみましょう。

出会いがなかった

男性が50代まで独り身だった理由の多くは出会いが無かったことです。


たとえば職場が男性ばかりで女性と出会うキッカケが無かったり、内向的な性格で出会いにつながる場所に行かなかったりすると女性と親しくなるチャンスを掴めないまま年を重ねてしまいます。

ゲームに娯楽施設など1人でも楽しめる場所はありますし、気晴らししているうちに年を取ります。


さらに30代、40代になると周囲の女性も既婚者が多くなるため、恋愛に発展する可能性はますます減っていくでしょう。


そうして女性と知り合うことができないまま50代を迎えて、気付けば独身だったというケースも少なくありません。

仕事や趣味に夢中だった

仕事に打ち込みすぎることや、何よりも優先したい趣味があることも50代独身になりやすい特徴の一つです。


恋愛をしている暇が無いくらい特定のことに夢中になっているため、たとえ周囲の女性がアプローチしていても気がつかず恋愛のチャンスを逃してしまうのです。


また、こういったタイプの男性は「結婚は仕事や趣味の邪魔だ」と考え、若い頃から独身主義を主張している場合もあります。

収入面に不安があった

収入が低い男性も独身のまま年齢を重ねる傾向にあります。


本人に結婚願望が合っても、妻や子供を養うほど稼げていないという不安や自身の無さから恋愛に消極的になり結婚という選択肢を自ら放棄してしまうのです。


また、「収入が低い」という点で女性から結婚を断られたといった経験があると、それがトラウマになり次の出会いを探す勇気が持てなくなる場合もあります。

50代男性でも生涯のパートナーを見つけられる

50代を独身で迎える男性の中には「結婚はしたいけれど方法が分からない」と途方にくれている人もいるでしょう。
確かに、年齢を重ねていくと気軽に女性と関わり合う機会も減ってしまうのでなかなか恋愛に発展しづらいものです。


しかし、50代でも人生のパートナーと巡り合って幸せな結婚生活を過ごしているという人はたくさんいます。


50代を独身で迎えることに危機感を持ち、今からでも結婚相手を探したいという人はできるだけ早く行動に移しましょう。
年を重ねた男性が出会いを探しやすい方法を3つ紹介するので、自分に合ったやり方で幸せを手に入れてくださいね。

趣味の場で交友を深める

50代を迎えて人生を共にするパートナーを見つけたいのであれば、価値観が合う女性を探しましょう。

好みや趣味など一緒に楽しめる共通点があると話が盛り上がりやすく、年齢という枠組みに捕らわれないコミュニケーションが図れます。


また、年齢を重ねても続けられる趣味があるというのは今後の人生で大きな支えになります。
出会いを求めて習い事や教室などに通うときは、一人で没頭する作業ではなく人と協力して楽しむタイプの集まりがおすすめですよ。

婚活アプリで出会いを見つける

仕事場や日常で女性と出会う機会が無いという男性は婚活サイトを利用してみましょう。


ポイントは「恋人を探すためのマッチングアプリ」ではなく、女性側も結婚を意識している婚活アプリを利用することです。


その中でも参加者の年齢層が比較的高めのサービスを利用すると、真摯に将来のことを考えられる相手と出会える確率が高まります。


「出会い系アプリは怪しい」というイメージを持つ人もいますが、今は身分証や収入証明、独身証明などを提出しなければ参加できない真面目なサービスが多く提供されています。


自分に合ったアプリを利用すれば、価値観が合う女性と巡り合いやすくなるでしょう。

結婚相談所でプロの力を借りる

結婚相談所に入会してプロの手を借りるというのもとても効果的な方法です。


50代まで独身だった男性の中には、人生で女性と関わる機会があまりなかったという人もいるでしょう。そういった男性が突然自分の力だけで女性と交流を深めるというのは難しいものです。


結婚相談所では婚活のプロフェッショナルが結婚像やその人の性格、好みなどを加味して最適な相手をピックアップしてくれるので最初からある程度お互いの人物像を知った上で交流できます。


さらに、デートの場所やファッション、メールのやり取りなどにもアドバイスがもらえるため「恋愛が得意ではない」という男性でも安心してパートナー探しに専念できるでしょう。

50代独身男性には辛い現実がある!結婚を視野に入れて行動を

独身を謳歌して好きなように生きるというのは、若い男性の多くが憧れる生き方の一つです。

確かに、世の中にはおしゃれで楽しい独身生活を過ごしている50代の男性もたくさんいます。


しかし、そんな理想の生活を手に入れる高齢男性はごく一部。多くの50代独身男性は将来に対する不安や、友人が疎遠になることへの孤独感などに苛まれています。


「今が楽しいから未来のことはどうでもいい」と投げ出すのではなく、自分が50代を迎えたときどんな人生を送るのかよく考え、後悔しない選択をしてください。


また、すでに50代を迎えようとしている男性もまだ諦める必要はありません。


アラフォー、アラフィフと呼ばれる年齢になっても大切なパートナーを見つけて、幸せな人生を手に入れた男性は数多く存在します。
勇気ある一歩を踏み出せば、誰でもそのチャンスを手に入れられるでしょう。

コメント

コメントする

目次