50代独身女性の実家暮らしは痛い?結婚せずに甘えてるだけ?

50代で独身、さらに実家暮らしとなると、周りからの視線は冷たいものがありますよね?

でも、本当にそんな風に決めつけていいのでしょうか?実は、様々な事情を抱えながらも懸命に生きている50代女性も多いのです。そんな彼女たちの実情に迫ってみましょう。

NO1

華の会
50代以上が半数シニア向け友達アプリ
趣味友作りに最適。まずは無料で十分
(4.5 / 5.0)

公式
NO2

ラブアン
50代男性が好むマッチングアプリ3日600円で使いたい放題
(4.0 / 5.0)

公式
NO3

Jメール
50代の気軽な無料ッチング。動画配信と登録者のサークル機能・誘い飯は大人気。
(4.0 / 5.0)

公式


目次

50代独身実家暮らし女性への周囲の痛烈な視線

50代になっても独身で実家暮らしというと、世間の目は厳しいものです。

特に、「家事を全部親任せにしているのでは?」とか、あの歳で小遣い制なんて子供扱いされて当然だわ、などと陰口を叩かれることも少なくありません。確かに、中には家事を全くしない人もいるかもしれません。でも、それだけで一括りにするのは良くないですよね。

「家事全部親任せで甘えてるんでしょ」と思われがち

実家暮らしの50代独身女性というと、「家事は全部親任せなんでしょ?」と決めつけられがちです。

確かに、忙しい毎日を送っていると、つい家事を怠りがちになることはあるかもしれません。しかし、そんな中でも、しっかり家事をこなしている人だっています。

例えば、平日は仕事で遅くなっても、休日は母親と一緒に大掃除をしたり、毎晩の食事の片付けを担当していたりする人もいるのです。

一概に「親任せ」とは言えませんよね。時と場合によっては、むしろ家族の大黒柱として頑張っている人もいるのです。

「あの歳で小遣い制?子供扱いされて当然だわ」と陰口も

また、50代にもなって小遣い制だなんて、子供扱いされて当然だと思われがちです。しかし、これにも事情があるのです。

  • ローンや家族の治療費など、固定費が高額な場合
  • 親の介護費用を負担しているケース
  • 貯金や投資に回すために、あえて小遣い制にしている場合

など、様々な理由が考えられます。年齢だけで判断するのは危険ですね。むしろ、計画的にお金と向き合っている人もいるのです。

痛いイメージでも50代女性が実家暮らしを選ぶ理由

でも、なぜ50代になっても実家暮らしを続けているのでしょうか?結婚もしないで一人で誰かね甘えているだけだと思われがちですが、様々な事情があるのです。

地元就職で実家から通勤しやすかったり、高齢の家族の世話が必要だったり。一人ひとり、事情は異なります。

地元就職で実家から通勤がラク、しかも金銭的に楽だから

地元の企業に就職したことで、実家から通勤できるようになった人もいます。

朝の混雑する電車に揺られることなく、ラクラク通勤できるのは大きなメリットですよね。さらに、家賃や光熱費、食費など、一人暮らしだとかかってしまう出費を抑えられるのも魅力です。

「一人暮らしを始めたいけど、今の給料じゃ厳しいわ」「貯金を優先したいから、このままでいいかな」と考える人もいるでしょう。金銭面から実家暮らしを選ぶのも、ひとつの選択肢と言えますね。

高齢や病気の家族の世話が必要で仕方なく同居してる

一方で、親や祖父母の介護・看護のために、実家暮らしを続けている50代の女性もいます。特に、認知症や病気を患った家族がいる場合、24時間365日、常に誰かが付きっきりでいる必要があります。

そのため、「一人暮らしを始めると、家族に迷惑がかかる」「いざという時に駆けつけられない」と、自立を諦める人もいるのです。

中には、仕事と介護の両立に追われ、結婚どころではない人も。そんな事情を抱えている人を、単純に「甘えている」と決めつけるのは酷ですよね?

50代実家暮らしの独身女性は幼稚で可愛そうだと言われる理由

とはいえ、「親のスネかじりで、いつまで経っても自立できない」「現実逃避ばっかりで、先の事を考えていない」など、50代実家暮らし独身女性に対するネガティブなイメージを持つ人も少なくありません。でも、本当にそうなのでしょうか?

親にべったりでいつまでも自立できない子供っぷり

確かに、50代にもなって親離れできていない人もいるでしょう。

何かあれば親に頼り、自分で決断できない。そんな子供っぷりを見せる人がいるのも事実です。

でも、それは性格や環境によるものが大きいのではないでしょうか?

例えば、幼い頃から過保護に育てられ、何でも親に頼る癖がついてしまった人。あるいは、何度も挫折を経験し、自信を失ってしまった人。様々な背景があるはずです。年齢だけで「自立できない」と決めつけるのは、少し乱暴かもしれません。

いずれ親と死別する現実から目をそむけ続けている

また、「親がいつまでも元気でいてくれる」と思い込み、将来の事を考えられない人もいます。いずれ訪れる親との別れ。その現実から目をそむけ続けているのです。

でも、それは50代実家暮らし独身女性に限った話ではありません。

「親はずっと元気」「まだ先の事」そう考える人は、年齢や性別に関係なくいるでしょう。

大切なのは、現実と向き合い、将来に備えること。一歩ずつでも、前に進んでいく努力が必要ですね!

50代独女が実家暮らしできついと感じ始めること

楽な面もある実家暮らしですが、50代になると様々なしんどさを感じるようになるのではないでしょうか?

体力の低下に伴う健康不安、友人関係の変化、将来への漠然とした不安など。そんな「きつさ」を感じている人も多いはずです。

更年期障害に苦しんでも家族に理解されにくい

50代は更年期真っ只中。ホットフラッシュや不眠、イライラなど、様々な症状に悩まされる人が少なくありません。しかし、実家暮らしだと、家族に理解されにくいことも。

「そんなの年のせいだろ」「みんな通る道なんだから、我慢しなよ」と、あっさり片付けられてしまうことも珍しくありません。

つらい症状を抱えながらも、一人で耐え忍ぶしかない。そんなストレスを抱えている人もいるのです。

家族に理解してもらえず、一人で抱え込んでしまうのは辛いですよね。自分の体の変化を伝え、協力してもらえるよう働きかけることが大切です。一人で抱え込まず、家族とオープンに話し合ってみてはいかがでしょうか。

友人は子育て話題で盛り上がるのについていけない

歳を重ねるごとに、友人関係にも変化が表れてきます。特に、結婚や出産を経験した友人が多い50代。子育ての話題で盛り上がる姿を見て、自分だけ取り残されたような寂しさを感じる人もいるでしょう。

「うちの子、受験でさぁ」「孫ができたんだよ」そんな会話についていけず、輪から外れてしまう。そんな経験をしたことはありませんか?たとえ内心寂しくても、表面上は笑顔を絶やさず、友人の話に相槌を打つ。そんな「空回り感」を味わっている人も多いはずです。

  • 子育て経験がないから、実感が湧かない
  • 「結婚しないの?」と聞かれるのが嫌で、あえて距離を置いてしまう
  • 共通の話題がなくなり、自然と疎遠になってしまった

友人関係の変化に寂しさを感じるのは当然のことです。でも、それぞれの人生があるのだから、無理に合わせる必要はありません。

むしろ、「独身ならでは」の楽しみを見つけてみるのもいいかもしれません。新しい趣味を始めたり、同じような境遇の友人を見つけたり。前向きに考えることが大切ですね。

突然の病気で一人取り残される不安がよぎる

元気な今とは裏腹に、「もし自分が病気になったら…」そんな不安を感じている人もいるでしょう。

確かに、一人暮らしに比べると、同居家族がいれば急な病気の時も安心です。

しかし、親も高齢になれば、頼れる存在ではなくなります。「いざという時、誰が看病してくれるんだろう」「1人で入院なんてできるかな」と、将来への漠然とした不安を抱えている人は少なくないのです。

でも、不安に思うだけでは何も変わりません。「備えあれば憂いなし」まずは、自分の健康管理に気を付けることから始めてみてはいかがでしょうか。

  • 定期的な健康診断を受ける
  • バランスの取れた食事を心がける
  • 適度な運動を習慣づける

など、できることから始めてみましょう。また、いざという時に頼れる存在を見つけておくのもおすすめです。兄弟姉妹や友人、頼りになる親戚など、日頃から関係を大切にしておくと安心ですね。

甘えていると自覚した50代の実家暮らし独身女性にできること

「このままじゃダメかも…」そう思った時が、変化のチャンスです。今の状況に満足できないなら、一歩踏み出す勇気が必要ですよね。

今すぐ実家を出て自立への一歩を踏み出そう

「いい年して実家暮らしは恥ずかしい」そう感じているなら、思い切って一人暮らしを始めてみるのもいいかもしれません。

新しい環境で生活することで、今まで気づかなかった自分の力を発見できるかもしれません。

料理や掃除、洗濯など、一人で出来るようになるのは自信にもつながります。また、親と一定の距離を置くことで、今まで以上に良好な関係を築けるかもしれません。

「一人暮らしは不安」と思うかもしれません。

でも、いきなり完璧を目指す必要はありません。

まずは必要最低限のことから始めてみましょう!

新生活に慣れるまでは、ホームヘルパーを頼んだり、ご飯作りが苦手なら食宅サービスやコンビニ惣菜を利用したりと、工夫してみると良いですよ。

結婚より人生を共にするパートナー探しを始める

「いい人がいれば結婚したい」でも「今さら婚活なんて」と躊躇している人もいるのでは?でも、結婚は人生の選択肢のひとつに過ぎません。むしろ、「一緒に人生を歩めるパートナー」を探すことの方が大切だと思いませんか?

必ずしも法的な結婚にこだわる必要はありません。

「お互いを思いやり、支え合える存在」がいれば、それだけで心強いものです。例えば、次のようなケースも考えられます。

  • 結婚はしないが、同じ価値観を持つパートナーと一緒に暮らす
  • 遠距離でも、心の通い合うパートナーと人生を歩む
  • 趣味や社会活動を通じて、かけがえのない仲間と出会う

大切なのは、「一人じゃない」と感じられる存在がいること。年齢に関係なく、パートナー探しに挑戦してみるのはどうでしょうか。

最近はマッチングアプリなど、出会いの場も多様化しています。「趣味友探し」を前面に打ち出しているサービスもあり、気軽に始められるのが魅力ですね!

オンラインイベントに参加してみるのもおすすめです。

自宅にいながら、全国各地の人と交流できるのは大きな魅力。苦手な人は、まずは自分に合った方法で、少しずつ行動範囲を広げていくのが良いでしょう。

50代の実家暮らし独身女性。周りから「痛い」「甘えている」と思われがちですが、一人ひとり事情は異なります。大切なのは、今の状況に満足できているかどうか。もし「このままじゃいけない」と感じたら、一歩踏み出す勇気を持つこと。

今日から出来ることを始めてみませんか?自分のペースでゆっくり前に進んでいきましょう。小さな変化の積み重ねが、やがて大きな一歩につながるはずです。

50代は人生の折り返し地点。これからの人生を、より豊かに、充実したものにするために。一緒に頑張っていきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次