シニアにおすすめのマッチングアプリランキング

50代は洋服をどこで買うべき?おすすめの店舗7選をご紹介!

最近洋服選びが面倒に…という悩みはありませんか?あんなに好きだったファッションが今は面倒という方も多い50代。原因は何処で何を選んだらいいのか分からないからという事が多いようです!

似合うものと、好きなものが少しずつかけ離れていく50代のファッションを楽しむには実際に商品を手に取って購入するのが一番!

そこで今回は50代が洋服を買うべき店舗をプチプラから上質なブランドまで7つご紹介します。

目次
人気No1人気No2人気No3



【華の会】
50代以上が半数シニア向け友達アプリ
趣味友作りに最適。まずは無料で十分、価値観色々。予想外の恋愛トーク楽しみましょう!
【シンシアリユアーズ】
懐かしのペンパル(文通)メル友・お茶友探しの場です。婚活よりパートナー探しに向いています。話好きに最適
【マリッシュ】
中高年の定額制マッチングアプリがコレ。動画と登録者のサークル機能あり、この値段での中ではベストです。まじめ系
(4.5 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
公式公式公式


50代に似合う洋服が売っている店舗はココ!

店舗で購入するメリットは何といっても商品を手に取って選べるところ。全国に展開しているブランドからおすすめをご紹介します!練されたスタイルと快適さを兼ね備えた服を取り揃えています。年齢を重ねるごとに増す品格とエレガンスを演出する店舗を紹介しますね!

01.しまむら

しまむら公式

ベビーからシニアまで全世代を網羅しており、インナーから靴・バッグまでファッションの全てが揃う、おすすめ度トップクラスの店舗です。またベーシックからトレンドまで揃っているので、服選びに困ったらとりあえず訪れてみましょう。

特にしまむらで展開されているhareiroというブランドは50代を主なターゲットとしており、ファッションを諦めない気持を応援してくれています!

02.ユニクロ・GU

ユニクロGU公式

プチプラの代表とされるGUと、ベーシックなアイテムが高品質・低価格で買えると人気のユニクロも50代が洋服を買うのにおすすめな店舗です。

この二つには大きな違いがあり、GUは、比較的安い価格設定。トレンドやデザイン性が重視されている洋服を取り扱う傾向にあるのが特徴です。50代でもトレンドを適度に取り入れた方が垢ぬけますので、取り入れたいアイテムがあるなら店舗に足を運んでみましょう。

対するユニクロは、流行に左右されないベーシックなアイテムを購入する事ができるのが特徴です。GUよりは価格帯は高く設定されてはいますが、一般的にはプチプラに分類される傾向に。

それでも品質はいいものが多く、長く使いたいベーシックアイテムを買いたい時はユニクロに足を運んでみましょう。

03.無印良品

無印良品公式

無印の洋服も年代問わず人気です。もちろん50代にもおすすめな店舗。

シンプルながらに厳選された拘りのもと作られている洋服が多いので品質重視の世代となってくる50代には、嬉しい品揃えです。性別・世代を超えて着用できるものも揃えられているので、ご夫婦・ご家族でさりげなく揃えてみるのも素敵ですね。

04.自由区

自由区公式

エレガントで上質なアイテムが揃うこちらのブランドは、コンセプトに「Happiness women」を掲げています。きれいめファッションが中心で、価格帯が¥10,000~と少々高め!その分上質で長く着られる服を購入する事ができるお店です。

年齢層は30代後半から50代とされているようですが、60代で自由区を着ている方も多い様子。まだまだ子育てや家にお金を使う世代の50代ですが、楽しい第二の人生の為に少しずつ上質な服を集めていくのも素敵ですね。

同じオンワード樫山が経営する「組曲」にはフェミニンアイテムが豊富に揃っています。ロングのプリーツカートや控えめフリルのトップスなどは、50代でも楽しめるアイテムです。可愛さを取り入れたい大人女子に人気なのでこちらもチェックしてみて欲しい店舗です!

05.human woman

ヒューマンウーマン公式

幅広い世代に人気のお店ですが、50代以降の女性にぜひ着ていただきたい洋服がたくさん取り扱われています!落ち着いた色合い・シンプルなデザインが多く着回しがきくアイテムが多い事がポイントです。

カジュアルな装いの中に、上質な大人の落ち着きを忍ばせる事ができるので、おしゃれを諦めたくない50代大人女子の方はぜひチェックしてみてください。品質が良い上にデイリー使いできるアイテムも多いのが嬉しいポイントです。

06.アンタイトル

アンタイトル公式

シンプルなデザインなベーシックアイテムが多いブランドです。上質でしっかりした生地で作られており、ワンピースなども体のラインを拾いにくいのがおすすめポイント。

丈感も長めのデザインが多く、年齢が表れやすいヒップをさりげなく隠せる服を選べば毎日の洋服選びが楽しくなります!

07.23区

30代後半のイメージがあるブランドですが、上質で落ち着いたアイテムが多いので50代だからこそ引き立つ服も多いのが23区。価格帯も少し高めに設定されているため、子育てなどに回っていた出費が落ち着いてくる世代の方達が、自分の為に買うファッションアイテムとして人気です。

忙しい毎日に彩を添えてくれる洋服選びができますよ。

50代の洋服選びのポイント

洋服選びが難しくなってくる50代ですが、ポイントを押さえておけばそこまで怖がる必要はありません。洋服選びのコツを掴んで、これからも自分らしくお好きな服で過ごせるようにしましょう!

落ち着いた雰囲気を目指す

50代だからこそ意識したいポイントは「大人っぽさ」です。今更?と思われそうですが、雰囲気や肌見せで乗り切れた世代とは異なり、培ってきた物が良くも悪くも内面から表れてくるのが50代です。

だからこそ、洋服にも落ち着きを取り入れ、大人の余裕を楽しめるように意識したファッションを選ぶとぐっと素敵な女性を演出できますよ。

素材を意識し、上品さを目指す

プチプラ特有の薄い生地や荒い作りの洋服は、おばさん感や痛々しい雰囲気が出てしまうので、50代からは少し良い物を取り入れていくのがおすすめ。余裕があればバッグやアクセサーなど一点上質でいいものを取り入れるだけでコーデがランクアップし、余裕のある雰囲気を楽しむ事ができます。

また価格帯の高さと生地の良さは比例する傾向に。上質の生地は体のラインを拾いすぎないので、歳を重ね重力に負けた体をそっと隠してくれますよ。もちろん、プチプラ全てダメというわけではありません。高見えしてしっかりした物を探す事を楽しんでいきましょう!

カラーは3色使い

洋服の形ももちろんですが、悩みがちなのは色。自分に似合う色が分からない、顔色を良く見せたいなど悩みは様々でしょう。50代におすすめなファッションの色合わせはベーシックな色で3色が基本です。

白は肌の欠点にをぼかしてくれる嬉しい色。くすみがちな顔色をぱっと明るくしてくれるのでトップスにもってくるのがおすすめ。ファッションでは膨張色と敬遠されがちですが、締め色を合わせる事で解決するのでどんどん取り入れましょう。

ニュアンスカラーはファッションを垢ぬけさせてくれる役割がありますし、黒や紺は締め色としてポイント使いがおすすめな色です。何となくごちゃごちゃしてるように感じたり反対に寂しく感じたら3色でコーデを組んでみるのがおすすめです。

50代!これからがファッションを楽しむ世代

いかがでしょうか。今回は50代の方におすすめな洋服が買える店舗をご紹介しました。洋服選びが難しくなってくる世代だからこそ、ファッションを楽しんだ女性が勝利を制します。

最近、洋服選び億劫になって…という方も、コツさえ掴めばまた若い頃のようにファッションを楽しめるはず。まずはお店に向かって洋服を手に取ってみましょう!

コメント

コメントする

目次