シニアにおすすめのマッチングアプリランキング

婚活パーティーで40代の女性が失敗する10の理由と対策

40代・50代の婚活パーティーは、なかなか思い通りになりませんね。のようなものです。特にフリータイムでは、人気のある女性とそうでない女性の違いが明確になりがち。魅力的な女性の周りには男性が集まりますが、そうでない場合、男性が近づかないこともあります。

これは、女性にとって心理的に辛い状況です。スマホをいじったり、隣の人と話しながらも、内心は傷ついていることでしょう。

「私のどこがダメなの?」「こんな扱いを受ける理由は?」「参加費を払ってこれ?」という不満が心の中に渦巻くかもしれません。

しかし、ちょっと待ってください。この状況に陥るのは、本当に容姿だけが理由でしょうか?自分と同じレベルの女性の周りに男性がいるのは、なぜでしょう?

この疑問に対して、婚活で女性が魅力的に映るためのコツを少し具体的に解説します。

目次
人気No1人気No2人気No3



【華の会】
50代以上が半数シニア向け友達アプリ
趣味友作りに最適。まずは無料で十分、価値観色々。予想外の恋愛トーク楽しみましょう!
【シンシアリユアーズ】
懐かしのペンパル(文通)メル友・お茶友探しの場です。婚活よりパートナー探しに向いています。話好きに最適
【マリッシュ】
中高年の定額制マッチングアプリがコレ。動画と登録者のサークル機能あり、この値段での中ではベストです。まじめ系
(4.5 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
公式公式公式


婚活パーティーで女性がマッチングしない理由って?

「本気で婚活してるのに、どうしても上手くいかない!」そんな悩みを抱える女性たちへ、少しアドバイスをしたいと思います。

婚活パーティーは基本的に男性が有料で女性は無料。この差があるために「お金を払ってまで損したくない」ですし、「無料で来ている女性」に対してやはり不平等感を感じてしまうものです。

そんな中、以下のような態度やしぐさが見られると20代の時のように「若いから仕方ないのか?」という風にはとらえられません。また、結婚をあきらめ気味でとりあえず、婚活パーティーに参加するケースも見抜かれますので注意が必要です。

プロフィールカードが雑で品性がない

男性一番初めに目にするのは「あなたの外見」と「プロフィールカード」です。若いうちは容姿の方に目がいきがちで、条件は見られませんが、40代以上となると「なんで婚活をしているのか?」という疑問が必ず残りますし、空欄が多いプロフィールは逆に怪しく感じてしまいいます。

婚活パーティーギリギリに行くと「プロフィールカード」を丁寧に書く時間がありません。また会場で貸し出してくれるペンは非常に安いものが多く、文字が汚く見えるので注意が必要です。

結婚のメリットが伝わっていなかった

アラフォー女性が婚活で成功するためには、男性に結婚のメリットを伝えることが重要です。

たんに「かわいい」や「デートしたい」とと思わせる理由だけではなく、具体的な生活のメリットや精神的な充足を提供できることを強調する必要があります。

男性が結婚によって得ることができる安定感や支えがある生活を示すことで、彼らの結婚に対する意欲を引き出すことができます。

口説かれる機会を作る工夫をしていなかった

アラフォーで婚活する際、男性が自然にアプローチしやすい環境を作ることが肝心です。

例えば、共通の趣味や興味を持つ話題を提供することで、男性がデートに誘いやすい雰囲気を作り出すことができます。これは、男性が自信を持ってアプローチできるようにするための重要なステップです。

40代になると部下も増える年ですし、仕事のキャリアを積んで責任あるポジションにいる人も多いとおもいますが、敢えて隙を見せるということも時には重要だということです。

2人以上で参加してしまった

40代にもなって婚活パーティーで独りぼっちになるのは嫌だ・・・・そういう不安から友達と一緒に婚活イベントに参加すると、男性がアプローチしにくくなる可能性があります。

2人で話している時に声をかけるのは勇気がいるのです。

一人で参加することで、よりオープンでアプローチしやすい雰囲気を作り出すことができます。お互い一人の方がやっぱり関係は作りやすいです。

婚活は友達と同じ場所でスタートしてもそこまでうまくいきません。

魅力的なファッションの選択していなかった

アラフォーで婚活する際には、自分の魅力を最大限に引き出すファッションを選ぶことが重要です。露出が多すぎると誤解を招く可能性がありますが、自分のスタイルを活かした服装で、健康的で魅力的な印象を与えることができます。

外見は婚活パーティーにおいて重要な要素です。特にアラフォーの場合、若い頃とは異なるアプローチが必要になります。

メガネやスカーフなどの小物を使ったイメージチェンジや、髪型の変更などで、第一印象を改善することができます。美容院やデパートでのプロのアドバイスを活用し、自分に合ったスタイルを見つけましょう。

自信を持って自分を表現することが、相手に良い印象を与える鍵となります。ワンピースなどのスカートがやはり間違いなくモテますよ。

正直に欠点を話し過ぎた

男性が結婚を嫌がる理由を理解することは、婚活において非常に重要です。

  • 結婚したらお金がかかりそうだな
  • 自分の時間が奪われそうだな
  • 家族が巻き込まれるかもしれない

特にお金のかかる趣味や遊びついて話すと恋人としては楽しくてもこれからの結婚相手としては見られないというパターンが多いです。

男性が結婚に対して持つ恐れや疑問を解消することで、より深い関係を築くことが可能になります。

自己評価を下げた状態で参加してしまった

40代の婚活はそもそも厳しいことが前提です。ただ、自分を過小評価することは、婚活においてマイナスに作用します。自信を持って自分の魅力をアピールすることが重要です。

ネガティブな自己評価は、相手にもそのような印象を与えてしまうため、ポジティブな自己表現を心がけることが大切です。失敗してきた原因を笑えるくらいの余裕があると一緒に生活したいという男性が集まってきますよ。

積極的に会話をしなかった

結婚を考えるとき、多くの人は自分と同等かそれ以上のレベルの相手を求めがちです。しかし、これが婚活を難しくしている一因かもしれません。

理想を少し下げて、相手の伸ばせるポイントに目を向けることが大切です。完璧な相手を探すのではなく、一緒に成長できる相手を見つける意識を持つことが重要です。

仕事先について細かく聞き出そうとした

初対面での会話の選び方は、なかなか難しいものですよね。特に仕事や年齢に関する話題は、婚活パーティーやお見合いの場合はプロフィールカードに記載されていることが多いですが、一般的な婚活パーティーでは少し慎重になる必要があります。

どうしても相手の年齢や勤め先が気になる場合は、直接聞く前に一言添えることが肝心です。「○○についてお伺いしても宜しいでしょうか?」という形で、相手の反応を見ながら進めると良いでしょう。例えば、「年齢を伺っても宜しいですか?」や「お勤めの会社名を教えていただけますか?」といった具合です。

年収について細かく聞いてしまった

年収に関する話題は、男性にとって非常にデリケートなものです。これは、彼らの「ステイタス」に直結する問題であり、年収の話を切り出されると、多くの男性は敬遠する傾向にあります。

想像してみてください。もし自分がお見合いパーティーや婚活パーティーで初対面の方に「スリーサイズを教えてください」と言われたら、どのような感情を抱くでしょうか?おそらく、憤りを感じ、その場で反論したくなるはずです。「私はあなたの所有物ではありません」という反応が自然でしょう。

これは、男性に対して「年収はいくらですか?」と尋ねることと同じカテゴリーの質問です。プロフィールカードに明記していない方もいれば、意図的に空欄にしている方もいます。相手が高ステイタスであっても、初対面で年収を直接尋ねることは避けるべきです。

たとえ高年収限定の婚活パーティーであっても、この問いかけは男性にとって「私はあなたに金銭を提供する存在ではない」とか「金銭で私を評価するな」という反感を引き起こしやすいのです。

年収について尋ねられた際、男性が表面上は笑顔で応答していても、内心では上記のような感情を抱いていることが多いです。

もし年収がどうしても気になる場合は、直接的な質問を避け、「趣味にどの程度の金額を投じていらっしゃるのですか?」や「最近の経済状況ではありますが、お勤めの会社ではボーナスは安定しているのでしょうか?」といった間接的なアプローチを用いるべきです。

旅行の頻度や所有する車などから、相手の経済状況を推測する程度に留めることが望ましいでしょう。

他の男性への態度を見られた

お見合いパーティーや婚活パーティーに参加しても、なかなか指名されないという悩みは、多くの方が抱えているかもしれません。カップルになることができずに困惑している方も少なくないでしょう。

重要なのは、会話の内容だけでなく、その人の雰囲気や態度にも注意を払うことです。特に、話していて興味がないと感じさせるような目線や姿勢は、相手に悪い印象を与えてしまいます。

女性の場合、苦手なタイプの相手には無意識に顔をそむけたり、視線を外したり、腕を組んでしまうことがあります(これを「ガードポジション」と呼びます)。しかし、これが癖になってしまうと、気になる相手との会話でも、無意識に腕を組んだり、視線をそらしてしまうことがあるので、注意が必要です。

また、パーティーでの会話は非常に短時間であり、多くの人と交流するため、同じ質問を何度もされて飽きてしまうこともあるでしょう。しかし、男性はしばしば、自分が興味を持っている女性がどのように他の人と接しているかを横目で見ています。

他の人との会話がつまらなそうに見えると、それはすぐに気づかれてしまいます。八方美人になる必要はありませんが、周囲から見られていることを意識することは大切です。ただし、しつこい相手からは「トイレに行く」といった方法で上手く逃げることも忘れないでください。

最大の原因はパーティー選びの失敗

40代の女性が婚活パーティーで女性が失敗する最大の理由はパーティー選びの選択ミスであることが多いです。

  • 自分が最高齢で参加
  • 集まりの悪い場所に参加
  • 客層が悪いイベントを選択
  • 目的のない雑多なイベント

などですが、男性の料金だけが高く女性が無料のところでアラサー以上が婚活するとなるとめったにカップルになれないのではないでしょうか?特に恋人探しのパーティーは「生活」重視ではなく、彼女を作りたい男性がきます。

反対に結婚相談所内で行われる婚活パーティーは、参加者の全員が結婚希望者であることが多く、一緒に生活するうえで何が重要なのか?という視点での話し合いにななります。

他にもマラソン・サッカーなどのイベント系やこだわりのある趣味婚活パーティーは、価値観の一致を重視したい人が集まってくるので40代の女性が行ってもカップルになりやすいです。

コメント

コメントする

目次