シニアにおすすめのマッチングアプリランキング

カメラサークルは50代でも出会いアリ?カメラが趣味の女子が交流の場所教えます!

30代で都内近郊に住んでいます。出身地は東北です。仕事は都内でOLをしています。趣味はカメラと小旅行で、月に1回は出掛けています。あまり得意ではないのですが、ちょっとしたモデル業的なことをしている時期もありました。

カメラを共通の趣味として出会ったのが1周りくらいちがう50代の男性だったのでその経験も踏まえて、カメラ女子と出会えるサークルやSNSアプリについて紹介させていただきます。

目次
人気No1人気No2人気No3



【華の会】
50代以上が半数シニア向け友達アプリ
趣味友作りに最適。まずは無料で十分、価値観色々。予想外の恋愛トーク楽しみましょう!
【シンシアリユアーズ】
懐かしのペンパル(文通)メル友・お茶友探しの場です。婚活よりパートナー探しに向いています。話好きに最適
【マリッシュ】
中高年の定額制マッチングアプリがコレ。動画と登録者のサークル機能あり、この値段での中ではベストです。まじめ系
(4.5 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
公式公式公式


カメラが趣味の男女のサークルと出会いの特徴について

カメラ仲間を探せる場所としては以下のようなものがあげられます。

  • 社会人向けカメラサークル・・割と硬派
  • 写真専門学校のセミナー・・プロを目指す
  • 写真喫茶などのオフ会・・趣味友さがし
  • 写真サロン・・・交流中心
  • 写真サークルアリのSNS・・出会い目的

プロを目指す硬派なものからコスプレ撮影・個人撮影のちょっときわどいポーズなどかなり差があるので気を付けてください。

特に人物を被写体にする場合は得敵のサークルや学校に入るか、写真撮影OKのSNSグループに属さないとモデル探しに苦労すると思います。

スクール系は高いものだと1回あたり3~5万円しますし、気軽なオフ会だけなら5000円前後ですね。アプリは3000円ぐらいが予算だと思います。

カメラが趣味出会いの場所一覧

場所場所年代値段特徴


写真の学校
渋谷・代々木20代~30代3カ月コース:2万~
短期ワークショップ
10万円前後
グループレッスンで仲良く。プロを目指す人


キャノンフォトサークル
銀座全世代7回で約3万キャノン購入者のみ
プロから学べる


アルトフォーカス
オンライン講座
写真展アリ
40代~50代以上
クラスアリ
単発5000円前後
入会金なし
シニア向けの写真教室を
秋葉原で開催


ストアカ
全国個人レッスン全世代各講座による撮り歩きなど
グループイベントあり


ペアーズ
全国20代~40代男女:3,590円最大手マッチングアプリ
アプリ内の写真サークル

マリッシュ
全国30代以上男性:3400円
女性:無料
中高年向けアプリ
アプリ内のサークル

ペイターズ
全国女性20代7割
男性50代
女性無料
男性1万
コスプレ写真を撮りたい人

写真の学校:プロを目指す本格派の人に

写真の学校

3年間のカリキュラムで、一般写真研究セミナー、写真フィールドワークセミナー、写真アートセミナーなどがあります。また、夜間コースも提供しており、写真をキャリアとして考える人や単に写真が好きな人に適しています。

単発のセミナーなら本格的に写真を撮りたいコアなつながりを作れます。老後の趣味として写真展に興味があるシニア世代に最適です。

キャノンフォトサークル【部活】の評判

キャノンフォトサークル

キャノンが作っている、分野別のサークルです。キャノンギャラリー銀座では、アマチュアからプロまでの写真家による2週間の写真展示が行われています。猫部・風景部・鉄道部・花部などテーマに合わせた写真の撮り方をプロに習えるいいチャンスです。

7回で約3万円のコースがあり、キャノン製品購入者に限定されています。写真愛好家との交流に最適な場所です。

アルトフォーカス

アルトフォーカス

アルトフォーカスは、指導経験豊富な写真家が主宰するカメラ教室で、初心者歓迎の写真講座、撮影会、フォトコンテスト、受講生作品展などを開催しています。基本から丁寧に学ぶことができ、テーマ別に1~3回で終了する講座が中心です。

シニア向けのセミナーや撮影会も開催されており50代の写真仲間や友達を探すサークルとしては最適ではないでしょうか?

ストアカ:全国の個人とグループレッスンが格安で受けられる

ストアカは日本最大級の習いごと検索サービスで、受講満足度が98.1%と高い評価を得ています。オンライン講座と対面講座の両方を提供しており、写真を含む様々なジャンルの講座があります。

参加者の年齢層も幅広く、撮り歩きツアーには20代~50代以上にシニアまで10名前後が楽しく参加しています。

入会金や登録料は無料で、オンラインでの検索から予約、決済まで完結します。先生から直接学ぶ対面講座や、好きな時間・場所で受けられるオンライン講座があり人気です。

カメラ趣味のための講座ならストアカ

カメラが趣味の人とはSNSで気軽に出会える

共通の趣味がカメラだったのですが、SNSとマッチングアプリで出会いました。正直、趣味が同じとなると無料ではSNSがベストなのではと思いますね。

悪質なアカウントでない限りは、色々な年代の人と意見交換などができるので、私はとても重宝させて貰ってます。

特に学生や年配の方と交流する場があまりないのですが、SNSでは年齢を気にせずに趣味の話ができるのがとてもいいですね。

ただし無料のSNS経由で相手を誘おうとするとブロックされたりアカウントをとめられるので男性は注意してください。女性が顔出ししていると高確率でナンパされます。

カメラサークルやイベントは趣味が同じなので、モデルを探したりしたりすることが多いですし、映えスポットでのオフ会なども楽しいですね。

年に1回は参加を目標にしています。元々は会社や共通の友人などに頼っていたのですが、なかなか同じ趣味の人には出会えないので、頼りになってしまっています

カメラ友達を無料で作るならインスタ


具体的に言うと、インスタグラムで仲良くなり、山や丘などの映えスポットでオフ会などに参加する事ですね。たまにインスタのフォロワーさんが多い人がオフ会を開催するので申し込む感じです。

一番、参加者が多かったのは近場のキャンプ場でした。

一般社会人の方も参加していましたし、会社の同僚と一緒に来ていらっしゃった方が負いおかったです。私は独りでの参加だったので寂しかったのですが、仲間に入れて貰えて仲良くなりました。

今でもSNSなどで交流しています。SNS以外では写真専用のオンラインサロンでしょうか?

こちらはイベントなども開催されていたりするので、そちらを利用するのもありですね。個撮などもですが、モデルさんを募集するだけでも、かなり交流関係は広がりますし、仲良くなれますよ。

私は女性なのですが、女性を撮影するために参加してカメラマンさんと仲良くなりました。

カメラ友達を作るために必要なもの

カメラが趣味の集まりなので、安値でもいいので、スマホ以外のカメラを用意しておきましょう。あとは完全に初心者なので~と断りを入れて撮影会に参加しましょう。

個撮などもですが、イラストが趣味でポーズだけ指定して撮影でも可だったりしますが、やはりそこそこお値段のするカメラは用意した方が浮かないとは思います。男性は機材に結構うるさいです。

私は少々高めのデジカメで撮影させて貰いましたが、「女性だから許されてるのかな?」と思ったりもしました。

男性はとても高価なカメラを構えているので、ちょっと初心者には居づらかったかなという印象でした。

可愛い女の子と喋りたいだけでも参加OKらしいのですが、事前に許可は取った方がいいかもしれないですね。ちなみにキャンプ場などの自然撮影は独りの方が捗ったりします。

カメラが趣味の男女がであるマッチングアプリもある

趣味が講じて恋人が出来る事もあるとは思うのですが、カメラが趣味ですとどうしても女性がモデルの場合が多いので、サークルやサロン・学校では出会えない事の方が多いのではと思います。

女性カメラマンとして参加していても出会い目的の人は少ないなと思います。自然撮影のサークルでもですが、出会いを求めていそうな方は少ないですね・・・。

独身率は高いのですが、謎です。

仲良くなるのは難しくないと思いますが、モデルさんばかり撮影している男性はルックス偏差値の高めの女性が好みの場合が多いので、私は敬遠されているかなと思いました。

ちょっと悲しいのですが、男性も女性もあまりこの趣味でカップルになっている人は見かけないですね。男性の趣味に女性が合わせる事もできますが、カメラ界隈はモデルさんと付き合いたい男性が多すぎるのも原因かもですね。

ペイターズはコスプレイヤーの趣味で写真依頼が殺到

ペイターズってめちゃ綺麗な子多くて、最近はコスプレのカテゴリもできましたよね?

私もモデルをしている時は男性にはチヤホヤされましたし、コスプレ写真をアップしてここに登録しておくと「写真撮らせて」の依頼が殺到します。

何回かお小遣いありでデートに誘われましたが、なぜか自分がカメラマンになってからは誘われなくなりました。

体重が10キロ程度増えた事が大きいとおもいますけど。ルッキズムな男性が多いので、どうしても敬遠されがちですね。モデルの時の優しい男性たちはどこにいったんだろうかと萎えてます・・。

個人撮影のモデルは出会いがありますが、相当太いお客様にならないと付き合えないと思った方がいいですね。

相手もプロなので際どいポーズもOKなのですが、「付き合ったら別の女性を撮るのを辞めて欲しい」などというと、絶対に付き合えないですね・・。お金持ち多くていいんですけど。

カメラを趣味にして気付いたのですが、地下アイドル系の子は太客と付き合ってめちゃくちゃ稼いでいたりしますが、次の仕事がない時ぐらいしか構ってくれないみたいです。

人気のある子は諦めた方がいいかもしれないですね。個人的には太客と辞めた子がお気に入りだったので戻ってきてほしいです。

ペアーズは写真つながりで恋人探しができた

反対にペイターズと名前が似ているんですが、恋人探しの定番はペアーズです。ここにもマイタグ機能や写真のサークルが沢山あります。

マリッシュも同じように写真カテゴリがありますし、女性の料金が無料なので登録して使いましたが年齢が少し高めでした。

私はペアーズであった男性と数回会いました。

デートはカフェでお茶をする程度でしたが、その後進展する事はなかったです。別の趣味で出会った男性にはカメラが趣味というと「スマホでよくない?」程度の反応が返ってくるので、ちょっとさみしいですね。

同じ趣味の男性と付き合ってみたかったなぁと今では太った事を後悔していますし、今後も趣味は続けたいけど理解してくれそうな男性とは付き合えないかなと思いました。

まとめ:カメラは趣味に振るか恋人探しをするかに分けた方がいい

結局のところ趣味を通じて恋人を探そうとすると、そうじゃない人との交流も増えてしまって実際につきあうところまではいかないのではないかと思います。

特に結婚となると単に趣味が似ているからだけで結婚までたどり着くのは難しいんじゃないか?ということです。私と同じように30代の女性なら残された時間も少ないですし、売れるうちに結婚相談所に入っちゃうとかも手かもしれません。

モデルの時にちょっとちやほやされたのでそのイメージが抜けず、友達の結婚報告を聞くたびに焦る自分がいます。結婚だけが全てではないと言い聞かせながらも婚期を逃したら選択肢は減ってしまうので・・・。

というわけでよかったら参考にしてみてください!

コメント

コメントする

目次