50代カップルの会う頻度は?適度な距離感が長続きのコツ。

こんにちは。50代の恋愛って、若い頃とは違った悩みがありますよね。特に、お付き合いが長くなってくると、会う頻度についてお悩みの方も多いのではないでしょうか。

でも、ご安心ください。適度な距離感を保つことが、実は長続きのコツだったりするんです。今回は、50代カップルの理想的な会う頻度について、一緒に考えていきましょう。

目次

50代カップルの理想的な会う頻度は人それぞれ

50代になると、仕事や家庭、趣味などで忙しい毎日を送っている方が多いですよね?

そんな中で、恋人とどのくらいの頻度で会うのが理想的なのか、悩んでしまうこともあるでしょう。

でも、実際のところ、50代カップルの理想的な会う頻度は人それぞれ。週に1回がベストという方もいれば、月に1〜2回で十分という方もいらっしゃいます。

大切なのは、お互いのライフスタイルや価値観を尊重し合い、無理のない範囲で会う頻度を決めることなんです。

50代の恋愛と性は個人差が大きい

私も50代で恋愛していますが、周りの友達を見ていると、本当に個人差が大きいなって感じます。毎日のように会っているカップルもいれば、数ヶ月に1回しか会わないカップルもいるんですよ!

性欲についても、まだまだ旺盛な方もいれば、あまり興味がない方もいらっしゃいます。だから、自分たちに合った頻度を見つけることが大切だと思うんです。無理に合わせる必要はないですからね。


例えば、私の友人は、どちらも仕事が忙しく、なかなか会う時間が取れないんです。でも、お互いの状況を理解し合っているので、月に1回のデートを心から楽しみにしているそうです。

会えない時間も、電話やメールで近況報告をし合ったり、愛情表現を忘れなかったりと、工夫しているみたいですよ。

交際期間によっても理想の会う頻度は変わる

交際期間によっても、理想の会う頻度は変わってくるものです。

付き合い始めのときは、お互いのことをもっと知りたいから、できるだけ頻繁に会いたいですよね。でも、ある程度付き合いが長くなってくると、会う頻度は自然と減ってくるものなんです。


私の経験からすると、付き合い始めの1年くらいは、週に1〜2回は会っていましたね。でも、3年目くらいからは、月に2〜3回に減ってきました。それでも、お互いの生活リズムを崩さない程度に、マイペースに会っています。大切なのは、会う頻度よりも、会ったときの質だと思います。

信頼関係の構築が長続きの鍵

50代の恋愛で長続きするカップルに共通しているのは、しっかりとした信頼関係があるということ。会う頻度が少なくても、お互いを信じ合っている安心感があれば、長く良い関係を築いていくことができるんです。


私の親友もパートナーとは月に1回しか会えないそうです。

でも、2人は10年以上の付き合いなんですよ。彼は仕事で忙しくて、なかなか時間が取れないことを、彼女は理解しているんです。

お互いに相手のことを思いやる気持ちがあるから、長続きしているんだなって感じます。

50代男性はLINEが苦手?その心理とは

最近は、LINEでのコミュニケーションが主流になってきていますが、50代男性の中には、LINEが苦手という方も少なくないようです。

私の周りでも、彼からのLINEの返信が遅かったり、素っ気ない返事だったりすることがあります。でも、それには理由があるんです。50代男性のLINEに対する心理を知ることで、うまくコミュニケーションを取れるようになりますよ。

日常的な連絡の必要性を感じにくい

50代男性の多くは、日常的な連絡の必要性をあまり感じていないようです。仕事や趣味に熱中していたり、一人の時間を大切にしていたりするので、頻繁に連絡を取り合うことに意義を見出せないのかもしれません。


でも、だからといって愛情がないわけではありません。むしろ、会ったときに全力で愛情表現してくれる男性もいるんです。

私の彼も、普段はLINEの返信が遅いのですが、デートの日は私のことを最優先にしてくれます。そういった彼なりの愛情表現を見つけられたら、LINEの返信が遅くても気にならなくなりますよ。

普段からLINEをあまり使わない人も多い

50代男性の中には、普段からLINEをあまり使わない人も多いですね。私の友人のEさんの旦那さんなんて、LINEは奥さんとのやり取りだけだそうです。それ以外では、メールか電話を使っているみたい。


だから、LINEの使い方に慣れていなかったり、絵文字やスタンプの使い方がよくわからなかったりするのかもしれません。

そんなときは、「絵文字を使ってみたら楽しいですよ」と優しく提案してみるのも良いかもしれませんね!

新しいコミュニケーションの方法を一緒に探してみるのも、仲を深めるきっかけになるはずです。

文章でのコミュニケーションに不慣れな人が多い

50代男性の多くは、文章でのコミュニケーションにあまり慣れていないんです。学生時代は手紙を書いていたかもしれませんが、社会人になってからは、どちらかというと直接会って話すことが多かったはず。

だから、LINEでの文章のやり取りは苦手意識があるのかもしれません。


私も彼とのLINEは、最初のうちは返信が素っ気なくて、ちょっとがっかりしたことがあります。でも、彼なりに一生懸命考えて返信してくれていたんだなって、だんだんわかってきました。文章だと、表情が見えないから、誤解を招きやすいんですよね。相手の気持ちを汲み取る努力も必要だと感じています。

ポジティブな言葉や愛情表現は喜ばれる

そんな50代男性に喜んでもらえるのが、ポジティブな言葉や愛情表現なんです。彼への感謝の気持ちを伝えたり、一緒にいて楽しいと思う瞬間を共有したりすることで、きっと彼もLINEでのやり取りが楽しくなるはずです!


例えば、「今日は仕事が忙しそうだね。でも、あなたならきっと乗り越えられる。応援してるよ」というメッセージを送るだけでも、彼は励みになるはずです。スタンプや絵文字を使って、視覚的に伝えるのも効果的ですよ。

50代のカップルが会う頻度にこだわらず仲良しでいる秘訣

50代カップルが、会う頻度にこだわらず仲良しでいるためには、いくつかの秘訣があります。お互いの気持ちを素直に伝え合ったり、価値観を尊重し合ったりすることが大切ですね!

でも、それ以外にも、日々のコミュニケーションを工夫したり、自分の時間も充実させたりすることが、良い関係を保つためのポイントになるんです。

素直な気持ちを伝え合うことが大切

やっぱり何より大切なのは、素直な気持ちを伝え合うことですよね。「会いたい」「寂しい」といった率直な思いを口に出すことで、相手に自分の気持ちが伝わります。遠慮せずに伝えることが、お互いを思いやることにつながるんです。


私も、彼に「今週は忙しくて会えそうにないな」と言われたときは、「寂しい気持ちもあるけど、仕事頑張ってね」と伝えるようにしています。すると、彼も「ごめんな。来週は必ず会おう」と言ってくれて、とてもうれしい気持ちになりました。素直な気持ちを言葉にすることで、絆が深まったように感じています。

お互いの価値観を尊重し合う

50代になると、お互いに確固たる価値観を持っているもの。だからこそ、相手の価値観を尊重し合うことが、良い関係を築くためには欠かせません。


例えば、趣味や友人関係についての考え方が違っても、それぞれの思いを認め合うことが大切。「私はこう思うけど、あなたはどう?」と、相手の意見を聞く姿勢を持つことで、お互いを理解し合えるはずです。

歩み寄る姿勢を忘れない

50代の恋愛は、若い頃よりも歩み寄る姿勢が必要だと感じています。お互いの生活スタイルや性格の違いを受け入れ、時には妥協点を見つけ出すことも大切。


私も彼も、仕事が忙しくてなかなか時間が合わないことがあります。でも、そんなときは、「今週は難しいから、来週の休みの日にゆっくり会おう」と、お互いの予定を調整し合っています。2人で歩み寄ることで、少ない時間でも充実したデートができているんです。

会っている時間を心から楽しむ

せっかく会えるんだから、その時間を心から楽しむことが何より大切ですよね。彼といるときは、仕事のことも家のことも忘れて、お互いを思う存分感じてみる。そうすることで、短い時間でも濃密なものになるはずです。


私たちは、月に2回ほどのデートを大切にしています。会えない日が多い分、一緒に過ごす時間を工夫するんです。美味しいものを食べに行ったり、のんびり自然の中を散歩したり。そういう何気ない瞬間に、心が通い合っているような気がして、とても幸せな気持ちになれるんですよ。

日々のコミュニケーションを工夫する

会えない日が多くても、日々のコミュニケーションを工夫することで、お互いを身近に感じられます。LINEでちょっとした出来事を共有したり、電話で声を聞いたりするだけでも、距離を感じさせません。


私は、彼に小さな幸せを見つけたときに、写真を送るようにしています。「今日の夕焼けがキレイだったよ」「美味しそうなケーキを見つけたんだ」など、ちょっとしたことでも彼と共有することで、つながっている実感が湧くんです。彼からも、「その写真を見て、君のことを思い出したよ」と言ってもらえて、本当にうれしいですね。

自分の時間も充実させる

でも、恋人との時間ばかりを考えるのではなく、自分の時間も大切にすることが、良い関係を保つためには必要不可欠。趣味や友人との時間を楽しんだり、自分磨きをしたりすることで、自分らしさを保てるはず。


私も、彼に会えないときは、友達とランチに行ったり、習い事に打ち込んだりしています。

そうやって自分の世界を広げることで、彼との時間もより楽しいものになっているんです!

お互いに充実した時間を過ごすことが、2人の絆を深めることにつながっているんだなって感じています。

50代のカップルが長続きさせるために避けるべきNG行動

せっかく良い関係を築けても、ちょっとした行動で台無しになってしまうこともあります。特に、自分の気持ちを一方的に押し付けたり、相手をコントロールしようとしたりするのは厳禁。感情的にならずに、冷静に話し合うことが大切

ですね。

自分の気持ちを一方的に押し付けない

50代になると、お互いに人生経験も積んでいるので、自分の考え方や価値観が確立しているもの。だからこそ、自分の気持ちを一方的に押し付けてしまいがちなんです。でも、それではお互いが苦しくなってしまいます。


例えば、「私はこうしてほしい」と要求するのではなく、「こういう風に感じているんだけど、あなたはどう思う?」と、相手の意見を尋ねるようにすると良いですね。お互いの思いを共有し合うことで、歩み寄りやすくなるはずです。

感情的にならず冷静に話し合う

意見が合わないときは、感情的になるのではなく、冷静に話し合うことが大切。興奮してしまうと、相手の気持ちを考えられなくなってしまいますからね。


私も、彼と喧嘩になったときは、一度話を切り上げて、お互いに冷静になる時間を取るようにしています。そうすることで、相手の立場に立って考えられるようになるんです。落ち着いて話し合えば、必ず解決策は見つかるはず。

相手をコントロールしようとしない

50代の恋愛では、相手をコントロールしようとするのは絶対にNGです。お互いに自立した大人なのだから、相手の人生に干渉しすぎてはいけません。


例えば、「私のために、これをやめてほしい」と言うのは控えましょう。相手の趣味や友人関係に口出ししたりするのも良くありません。お互いの人生を尊重し合うことが、良い関係を保つためには不可欠なんです。

ネガティブな思い込みは避ける

年齢を重ねると、ネガティブな思い込みを持ちやすくなるものです。「きっと相手は私のことを嫌いなんだ」「私なんて必要とされていない」など、悪い方向に考えてしまいがち。でも、そんな思い込みは関係を悪化させる原因にもなります。


彼の言動を悪く解釈するのではなく、善意に考えるようにしてみませんか? 例えば、連絡が少ないからと言って、「私のことが嫌いなんだ」と決めつけるのではなく、「仕事が忙しいのかな」と前向きに捉えるんです。思い込みを避けることで、心に余裕が生まれるはずですよ。

まとめ

人生経験豊富な50代だからこそ、お互いの価値観の違いを認め合うことが、良い関係を築くためには欠かせません。相手の考え方をすぐに否定するのではなく、なぜそう思うのかを理解しようと努力することが大切。


例えば、結婚観や老後の過ごし方についての意見が食い違ったとしても、それぞれの思いを受け止め合うことが必要です。「私はこう考えているけど、あなたの気持ちもわかる」と、相手の立場に立って考えられたら素晴らしいですよね!


お互いを思いやる気持ちを忘れずに、ゆっくりと歩んでいく。50代の恋は、そんな穏やかで深いものだと私は感じています。たとえ会う頻度が少なくても、心が通い合っているならば、きっと末長く幸せな関係を築いていけるはず。


50代カップルの皆さんも、適度な距離感を保ちながら、お互いを大切にする関係を目指してみてくださいね。少しずつ努力を重ねることで、きっと素敵な恋愛ができるはずです。応援しています!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次