50 過ぎて結婚 できない 女性の共通点?自分に合った方法で幸せな結婚を掴もう!

50代になっても結婚できないと悩んでいる女性は少なくありません。「この歳になって結婚なんて」とあきらめていませんか?確かに50代の結婚は厳しい現実がありますが、諦める必要はありません。

あなたに合った方法でアプローチすれば、素敵なパートナーと巡り会えるはずです。ここでは、50代女性が結婚できない10の理由と、幸せな結婚を掴むためのヒントをお伝えします。


[華の会メール]中高年・熟年の為の恋愛コミュニティ
目次

結婚できない50代独身女性を取り巻く厳しい現実

50代の独身女性が置かれている状況は厳しいものがあります。しかし、希望を失う必要はありません。現実を知ることで、効果的な対策を立てられるはずです。まずは、50代女性を取り巻く結婚事情を見てみましょう。

50代女性の独身率は20%!5年以内の結婚確率はわずか1.3%

50代女性の独身率は20%ほどで、けっして低くはありません。ただ、問題は結婚する確率の低さなんです。国勢調査のデータによると、45歳から49歳の女性が今後5年以内に結婚する確率はわずか1.3%。

ほとんど0に近いと言っていいレベルで、かなり厳しい状況だということが分かります。


でも、だからといって絶望する必要はないと思うんですよね。確かに確率は低いけれど、0ではないですから。自分に合ったやり方でアプローチすれば、幸せを掴むチャンスはあるはず。確率に怯むのではなく、前向きに捉えることが大切ですよ。

「美魔女」「熟女」ブームでも、50代女性の結婚のハードルは高い

最近は「美魔女」や「熟女」という言葉を耳にすることが増えましたよね。50代の女性でも十分魅力的という風潮が広がりつつあります。メディアでも、50代とは思えないほど若々しくて綺麗な女性が取り上げられたりしています。


こういった風潮のおかげで、「50代でも結婚はできるはず」なんて思っちゃうかもしれません。

でも現実は甘くなくて、ブームに乗っかれるほど簡単ではないんですよね。やっぱり50代の結婚には独特の難しさがあるんです。ブームに惑わされず、現実をしっかり見据えることが大切だと思います。

なぜ50代女性は結婚できないのか?男性の本能的欲求が鍵

50代女性が結婚しにくい理由の一つに、男性の本能的な欲求があります。年齢を重ねた女性では、男性の持つ2つの欲求を満たすのが難しいんです。ここが結婚への大きな障壁になっているんですよね。

男性の「支配欲求」と「養護欲求」を満たせないことが結婚の障壁に

男性には「支配欲求」と「養護欲求」という2つの欲求が備わっているんです。支配欲求は相手を自分の思い通りにしたいという気持ちで、養護欲求は相手を守ってあげたいという気持ち。この2つの欲求を満たせる女性に男性は惹かれるんですよね。


ところが50代の女性、特に仕事でバリバリ活躍しているような女性だと、この欲求を満たすのが難しいんです。自立していて頼りがいがあるのは素敵なことですが、男性からしたら「守ってあげたい」とか「自分の言うことを聞いてほしい」とは思えないみたいなんですよね。むしろ、頼りになる女性にプレッシャーを感じる男性も多いみたいです。


私たち50代女性はある程度自立して生きてきたから、わざわざ男性に頼る必要はないと思っちゃうかもしれません。

でも、男性の本能をくすぐるには、ちょっと甘えてみせるのも大切。「この人は私がいないと駄目なのかも」と思わせることが結婚への近道なのかもしれません。

年下男性にモテても、結婚対象になりにくいジレンマ

うれしい悲鳴かもしれませんが、最近は年下男性に人気の50代女性も増えているんです。落ち着いていて包容力がある熟女に惹かれる若い男性は確実にいますからね。そういう男性にモテるのはとても嬉しいことですよね。


でも、ここで考えておかないといけないのが、その男性は結婚相手として見てくれているのかってこと。残念ながら、熟女の魅力に惹かれる年下男性の多くは、結婚は考えていないんですよね。優しく包み込んでくれる癒やし系の熟女に甘えたいという気持ちが強いみたいです。


だから、年下にモテるからって有頂天になってばかりもいられないんです。良い関係は築けるかもしれないけど、それが結婚に直結するわけではないってこと。結婚を考えるなら、ある程度年齢の近い男性とお付き合いするほうが現実的なのかもしれません。

男性が感じる「結婚できない50代女性」の特徴

50代の結婚できない女性には、ある共通点があるようです。それは男性から見た印象。「この人は一人で大丈夫」と思われてしまうような特徴を持っている女性が多いんだとか。どんな特徴があるのか、詳しく見ていきましょう。

仕事で活躍する姿に「守ってあげたい」と思わせない

50代ともなれば仕事でかなりの地位についている人も多いですよね。部下をまとめたり、大きなプロジェクトを任されていたり。そんな風にバリバリ働く姿って、同僚の男性からは「頼もしい」とか「素敵だ」と思われるかもしれません。


でも、それって結婚相手としての魅力には直結しないんですよね。むしろ、あまりに有能すぎる女性には「自分じゃ守ってあげられない」とか「この人についていけるかな」って尻込みしてしまう男性が多いみたい。


だから、仕事では頼もしい女性でも、プライベートではたまには甘えてみせるとか、男性を立ててあげるとか、そういう姿勢も大切。「仕事も私生活も完璧にこなす女性」よりも、「プライベートではちょっと抜けているところがある女性」のほうが結婚しやすいのかも。

人生経験豊富な姉御肌は、男性の「支配欲求」を満たせない

50代ともなれば人生経験も豊富ですし、苦労も多く乗り越えてきたはず。そういった経験から「人生の先輩」としてアドバイスしたくなることもあるでしょう。若い子の恋愛相談に乗ったり、同僚の愚痴を聞いてあげたり。姉御肌でいろんな人に慕われる女性っています。


でも、こういう女性って結婚市場ではちょっと不利なんです。男性は、自分よりも人生経験が豊富な女性を「支配できない」と感じるみたい。どうしても対等な関係になりづらいというか・・。


もちろん、全ての男性がそう感じるわけではないと思います。経験を重ねた大人の女性に憧れるタイプの男性もいるはず。でも多くの男性は、自分のペースで関係を進めていきたいと考えているみたい。だから、あまり「頼れる姉御」オーラを出し過ぎないほうが良いのかもしれません。

50代独身女性が結婚するために大切なこと

ここまで、50代独身女性が結婚できない理由を見てきました。厳しい現実もあるけれど、だからといってチャンスがないわけではありません。自分なりの方法で、結婚への道を切り開いていきましょう。

「完璧過ぎる女性」より、男性に頼る姿勢を見せることが重要

仕事もプライベートも完璧にこなす、自立した50代女性。そんな女性に憧れる人は多いですが、残念ながら結婚市場ではちょっと不利なんですよね。「自分じゃ相手にされない」と男性に思わせてしまうから。


だからといって、わざと弱みを見せたり、できもしないのに「守ってください」とおねだりする必要はありません。ただ、時には「助けてほしい」とか「男性の意見を聞かせて」というような姿勢を見せるのは大切。


完璧な女性像から少し距離を置いて、等身大の自分を見せること。時には弱音をはいたり、男性を頼ったりすること。そういった姿勢が、男性の「支配欲求」や「養護欲求」を満たすんです。自立と甘えのバランスを取ることが、結婚へのカギになるのかもしれません。

お互いの求めているものを満たし合える相手を見つけよう

結婚は、お互いが求めているものを満たし合える関係性が理想ですよね。だから、自分が求めているものを明確にしておくことが大切。同時に、相手が何を求めているのかを理解する努力も必要です。


例えば、あなたが「穏やかな家庭を築きたい」と思っているなら、同じように家庭的な男性を探すのが良いでしょう。逆に、相手が「一緒に楽しく出かけたい」と思っているなら、そういった期待に応えられるようなライフスタイルを心がけるのも大切だと思います。


お互いの価値観や生き方を尊重し合える、そんな相手と結婚できたら素敵ですよね。「この人となら」と思える相手を見つけるまで、諦めずに探し続けることが大切です。たとえ50代でも、決して遅すぎることはありません。あなたなりのペースで、結婚への道を歩んでいきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次