50代の異性の友達の作り方!茶飲み友達が欲しい人におすすめの方法

50代になると、新しい出会いが少なくなり、異性の友達を作るのが難しくなってきます。でも、人生100年時代と言われる今、50代だからこそ、茶飲み友達のような気軽に話せる異性の友達が欲しいですよね?

ここでは、50代におすすめの異性の友達の作り方を9つ紹介します。目的別の作り方や、友達作りで気をつけるべきポイントも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

50代におすすめの異性の友達の作り方9選

50代におすすめの異性の友達の作り方は、社会人サークルや習い事、マッチングアプリ、既婚者合コン、ジム、SNS、同窓会、居酒屋・飲み屋、近所のコミュニティ・ボランティアなど、様々なシーンがあります。

自分に合ったスタイルを選んで、積極的に行動することが大切です。異性の友達を作るためには、自分から一歩踏み出す勇気が必要ですが、新しい出会いが人生を豊かにしてくれるはずです。

社会人サークルや習い事で同じ趣味の異性と出会おう

50代におすすめの異性の友達の作り方の1つ目は、社会人サークルや習い事です。例えば、ゴルフやテニス、ヨガ、料理教室、語学教室など、自分の興味のある分野のサークルや教室に参加してみましょう。

同じ趣味を持つ異性と出会えるチャンスが広がります。サークルや教室では、定期的に顔を合わせるので、自然と友達になりやすいのも魅力です。共通の話題があるので、会話も弾みやすいでしょう。まずは、自分の趣味を通して、気の合う異性との出会いを探してみてください。

【既婚者向け】既婚者専用マッチングアプリで気の合う相手を見つける

50代の既婚者におすすめの異性の友達の作り方は、既婚者専用のマッチングアプリを使うことです。例えば、「ママ友・パパ友」や「Qpid」などのアプリでは、既婚者同士が友達を探すことができます。

プロフィールに自分の趣味や興味、求める友達像を書いておくと、気の合う相手とマッチングしやすくなります。

アプリ内でメッセージを交換し、お互いの相性を確かめてから、実際に会うのが良いでしょう。既婚者専用アプリなら、お互いの立場を理解し合えるので、安心して友達になれます。

【独身向け】恋活・婚活マッチングアプリを活用して友達から始める

50代の独身の方におすすめの異性の友達の作り方は、恋活・婚活マッチングアプリを活用することです。例えば、「ペアーズ」や「with」などの人気アプリでは、恋人だけでなく、友達も探せる機能があります。

プロフィールに友達募集中であることを明記しておくと、同じように友達を探している異性とマッチングしやすくなります。マッチングした相手とは、まずはメッセージを交換して、相手の人となりを知ることが大切です。

気が合いそうな相手とは、食事やお茶に行くなど、気軽に会ってみましょう。友達から始めることで、自然な流れで良い関係を築けるかもしれません。

【既婚者限定】既婚者合コンに参加して飲み友を探す

50代の既婚者におすすめの異性の友達の作り方は、既婚者合コンに参加することです。既婚者合コンは、既婚者同士が集まって、飲み会やBBQを楽しむイベントのことを指します。

参加者は皆、友達作りが目的なので、気軽に話しかけやすい雰囲気があります。

合コン中は、自分の趣味や日常の出来事など、さまざまな話題で盛り上がってみてください。気の合う相手とは、「今度、2人で飲みに行きませんか?」と誘ってみるのも良いでしょう。ただし、既婚者合コンはあくまで友達作りの場なので、恋愛感情は持ち込まないようにすることが大切です。

ジムに通って健康的に異性の友達を増やす

50代におすすめの異性の友達の作り方の1つが、ジムに通うことです。ジムには、健康意識の高い異性が多く通っているので、自然と会話のきっかけができやすい環境です。

例えば、ランニングマシンで隣り合わせになった時や、ストレッチをしている時など、ちょっとした会話から仲良くなれるかもしれません。ジムには、プールやサウナ、ヨガ教室など、共通の話題になりそうな設備も充実しています。

同じ時間帯に通っているうちに、段々と顔見知りになれば、一緒にジムカフェでお茶を飲むなど、友達としての時間も楽しめるでしょう。

SNS(Twitter・ジモティー等)で共通の話題から仲良くなる

SNSを活用することも、50代におすすめの異性の友達の作り方です。例えば、TwitterやFacebook、Instagramなどでは、自分の趣味に関するアカウントをフォローしたり、コメントを残したりすることで、共通の話題を持つ異性と出会えるチャンスがあります。

特に、地域限定のコミュニティサイト「ジモティー」では、「一緒にお茶しませんか?」といった友達募集の投稿を見つけることができます。メッセージのやり取りを通して相手の人柄を知り、直接会ってみるのも良いでしょう。

ただし、SNSでの出会いは、相手の素性が分かりにくいというリスクもあるので、信頼できる相手かどうかは慎重に見極める必要があります。

同窓会をきっかけに昔の友人との絆を深める

50代になると、学生時代の同窓会に誘われる機会も増えてきます。久しぶりに会う同級生の中には、昔から気になっていた異性もいるかもしれません。同窓会では、当時の思い出話に花を咲かせながら、自然と近況報告をし合うことができますし、気の合う異性がいたら、「今度、2人でゆっくり話しませんか?」と誘ってみるのも良いですね。

昔からの絆があるので、友達として付き合いやすいのではないでしょうか。同窓会をきっかけに、新たな友情を育むことができれば、50代の人生がより豊かになるはずですよね!

居酒屋・飲み屋で新たな出会いを楽しむ

居酒屋や飲み屋に1人で行くのは、新たな出会いのチャンスでもあります。

隣り合わせた席に座った異性と、お酒の話や仕事の話で盛り上がったら、自然と連絡先を交換できるかもしれません。居酒屋独特のフランクな雰囲気を味方につけて、気軽に話しかけてみましょう!

相手も1人で来ている場合は、「よかったら一緒に飲みませんか?」と誘ってみるのも良いでしょう。ただし、お酒の力を借りすぎるのは禁物です。適度な量を楽しみながら、相手との会話を弾ませることが大切です。居酒屋での出会いをきっかけに、飲み友達になれたら最高ですね。

近所のコミュニティ・ボランティアに参加して地域の輪を広げる

近所のコミュニティやボランティア活動に参加することも、50代におすすめの異性の友達の作り方です。例えば、町内会のイベントや地域の清掃活動、まちづくりのワークショップなどに顔を出してみましょう。

共通の目的を持った地域の人々と協力することで、自然と会話も生まれます。気の合う異性とは、「今度、一緒にお茶でもしませんか?」と誘ってみてはどうでしょうか?

普段の生活圏内で友達になれば、いざという時に助け合える関係を築けるかもしれません。地域とのつながりを大切にしながら、素敵な異性の友達を見つけてみてください。

【目的別】異性の茶飲み友達の作り方をご紹介!

異性の茶飲み友達を作るために、まずは目的を明確にすることが大切です。例えば、既婚者なら、家庭の愚痴を聞いてくれる友達が欲しいかもしれません。趣味が合う友達を探している人なら、同じ趣味を通して出会える場所に行くと良いかもしれません。

定期的に会える友達が欲しい人は、近所に住む人と仲良くなるのがおすすめです。また、若い異性の友達を探している人は、若者に人気のSNSを活用してみるのも一案です。

目的に合わせた方法で、理想の茶飲み友達を見つけましょう。

既婚者におすすめ!気軽に話せる異性友達の見つけ方

既婚者におすすめの異性の茶飲み友達の作り方は、既婚者限定のイベントやコミュニティを利用することです。オンラインサロンや飲み会イベントなど、既婚者同士が集まる場には、同じ立場の異性が多く参加しています。

家庭の悩みを打ち明けたり、日頃のストレス発散をしたりと、気軽に本音で話せる相手を見つけやすいでしょう。「共感してくれてありがとう」「また愚痴を聞いてね」といった具合に、支え合える関係を築くことが大切です。

ただし、既婚者同士の交流は、あくまで友人関係に留めるよう、お互いの家庭を大切にすることを忘れないでください。

自然な流れで友達になれる!趣味が合う異性との出会い方

趣味が合う異性の友達を作りたい場合は、その趣味に関連する場所に足を運ぶことがポイントです。例えば、読書が好きなら本屋やカフェ、スポーツが好きなら体育館やグラウンド、音楽が好きならライブハウスやカラオケボックスなどがおすすめです。

そこで偶然出会った異性とは、「この本は面白かったよ」「今度一緒にテニスしない?」など、趣味の話題で盛り上がるのが自然ですよ!

共通の趣味があれば、相手のことをより深く知るきっかけにもなります。趣味を通して仲良くなれば、いつの間にか素敵な茶飲み友達になっているかもしれません。

定期的に会える!気の合う異性の茶飲み友達の作り方

定期的に会える異性の友達が欲しい場合は、近所に住む人と仲良くなるのが一番です。例えば、近所のカフェでよく見かける異性や、いつも挨拶を交わすご近所さんなどと、「今度、一緒にお茶でもどうですか?」と声をかけてみては?

日頃の生活エリアが同じなら、「今ちょうど家の近くにいるんだけど、少しだけ時間ありますか?」と、ふらっと誘える関係になりやすいです。散歩やジョギングをしている時に偶然出会えば、「この公園のベンチでよく一人で休憩してるんですよ」など、近所ならではの話題でも盛り上がれます。

気の合う異性の茶飲み友達がご近所にいれば、心強いですよね!!

若い異性の友達が欲しい50代におすすめの方法

50代で若い異性の友達を作りたいなら、若者に人気のSNSを活用してみるのがおすすめです。TwitterやInstagram、TikTokなどでは、世代を超えたつながりができるチャンスがあります。

例えば、若い世代に人気のトレンドを発信しているアカウントをフォローしたり、面白い動画に「いいね!」を付けたりして交流を図ってみてください。

コメント欄で会話が弾めば、DMを送ってみるのも良いでしょう。

「いつも投稿を楽しみにしています」「○○の話題、詳しく聞かせてください」など、相手の興味に合わせたメッセージを送ることで、仲良くなるきっかけをつかめるかもしれません。

ただし、若い世代とのコミュニケーションは、押し付けがましくならないよう、相手のペースを大切にすることが大切です。

50代の異性友達作りで気をつけるべき5つのポイント

50代で異性の友達を作る際は、いくつか気をつけるべきポイントがあります。

まずは、第一印象が良くなるよう、身だしなみには気を遣いましょう。相手の興味や関心事を引き出すように会話を進めることも大切です。

自分のことも相手に伝えて、お互いを理解し合える関係を目指してください。異性だからと言って、お互いを尊重し合う礼儀やマナーは忘れずに。焦らず、ゆっくりと友達になっていく過程を楽しむことが、良い関係を築くコツと言えるでしょう。

第一印象が大切!清潔感のある身だしなみを心がける

初対面の異性に良い印象を与えるためには、清潔感のある身だしなみが欠かせません。特に50代は、若い頃と比べてシミやシワ、白髪など、年齢なりの変化が出てくる時期です。

そんな中でも、肌の手入れを怠らず、髪型を整え、服装にも気を遣うことで、好感度の高い第一印象を作ることができるでしょう。

TPOに合わせた服装選びも大切です。カジュアルすぎず、かしこまりすぎない、上品な装いを心がけましょう。


また、体臭や口臭にも注意が必要です。加齢とともに体臭が気になる人もいるかもしれません。デオドラント剤を使ったり、こまめに歯磨きをしたりと、細かな配慮が好印象につながります。

第一印象は、その後の友達関係を左右すると言っても過言ではありません。清潔感のある身だしなみを整えて、素敵な異性の友達を引き寄せましょう。

相手の興味や関心事から会話を膨らませる

初対面の異性と会話する時は、相手の興味や関心事から話を膨らませるのがポイントです。相手のプロフィールやSNSの投稿から、趣味や仕事、最近のできごとなどをリサーチしておくと良いでしょう。

例えば、「ゴルフが趣味だと伺いました。どのくらいのスコアを出せるんですか?」「先日、○○に行かれたそうですね。おすすめのスポットはありましたか?」など、相手の話題に合わせた質問をしてみましょう。


相手の話に興味を持って聞くことで、自然と会話が弾んでいくはずです。会話の中で、相手の価値観や考え方を知ることができれば、友達としての相性も分かってきます。ただし、初対面の段階では、プライベートな質問は控えめにするのがマナーです。相手の興味や関心事に寄り添いながら、徐々に心を通わせていくことが大切ですね。

自分のことも相手に伝えて距離を縮める

異性の友達と親密な関係を築くためには、自分のことも相手に伝えることが大切です。

初対面では聞き役に回ることが多いかもしれませんが、徐々に自分の趣味や価値観、ライフスタイルなども話してみましょう。「実は私も若い頃はゴルフにはまっていて…」「仕事はかなり忙しいですが、休日は自然の中で過ごすのが好きなんです」など、自分らしさが伝わるエピソードを交えるのも良いでしょう。


自分のことを話すことで、相手との共通点や違いが見えてきます。価値観が合えば、一気に距離が縮まるかもしれません。逆に、どうしても合わないと感じたら、無理に友達になる必要はありません。

お互いのことを知り合う過程で、友達としての相性を見極めることが大切です。自分のことを適度にオープンにしながら、理想の異性の茶飲み友達を見つけていきましょう。

お互いを尊重!大人の礼儀とマナーを守る

50代の異性との友達付き合いでは、お互いを尊重し合う姿勢が何より大切です。例えば、相手の時間を無駄にしないよう、約束の時間は必ず守りましょう。「今日は楽しかったです。ありがとうございました」と、感謝の気持ちを伝えるのも大人のマナーです。


また、異性だからと言って、過度なスキンシップや下ネタは厳禁です。

友達の範囲内のコミュニケーションを心がけ、相手の立場に立って行動することが求められます。


既婚者の場合は、特に注意が必要です。異性の友達と会う際は、事前に配偶者に伝えておくのがルールです。お互いの家庭を大切にしながら、友人関係の線引きをしっかりとしておきましょう。

礼儀とマナーを守ることで、長く付き合える異性の茶飲み友達を作ることができるはずです。

焦らずじっくり!友達になるまでに時間をかける

50代で新しい異性の友達を作る際は、焦らずじっくりと関係を築いていくことが大切です。初対面ですぐに意気投合しても、一時的な盛り上がりに過ぎない場合もあります。「この人となら長く付き合っていける」と感じるまでには、ある程度の時間が必要かもしれません。


例えば、最初のうちは月に1回程度の頻度で会うのが良いでしょう。お茶を飲んだり、食事をしたり、イベントに参加したりと、さまざまなシーンで一緒に時間を過ごしてみましょう。回数を重ねるごとに、相手との相性が見えてきます。「一緒にいて楽しい」「気を遣わずに話せる」と感じたら、徐々に頻度を増やしていくと良いですね。


ただし、相手との相性を慎重に見極めすぎるのもNGです。「どうせ長続きしないだろう」と決めつけるのは早計かもしれません。お互いの良いところを見つけ合いながら、温かい友情を育んでいく過程を楽しみましょう。時間をかけてじっくりと異性の友達を作ることで、50代の人生が、より豊かなものになるはずです。

50代こそ素敵な茶飲み友達を!異性の友人を作って人生を豊かに

いかがでしたか?50代は異性の友達を作るのに最適な時期と言えます。子育てが一段落して、自分の時間が増えてきた頃だからこそ、新しい出会いを楽しむことができるのです。


これまでご紹介してきた方法を参考に、ぜひ異性の茶飲み友達作りにチャレンジしてみてください。最初は勇気がいるかもしれませんが、一歩踏み出す価値は十分にあります。気の合う異性の友達ができれば、刺激的な会話を楽しんだり、互いの悩みを打ち明けられたりと、心の支えになってくれますよ。


50代は、まだまだ人生の半ばです。異性の友人を作って、充実した毎日を過ごしてみませんか?素敵な茶飲み友達との出会いが、あなたの人生をより豊かにしてくれるはずです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次